少し前まで日本はお口への意識が低いと言われてきました。キスをする習慣のある欧米と比べると、そのように見えたのかもしれません。

日本人は、顎の大きさが小さく、歯並びが悪くなりがちです。さらに、歯の色も真っ白ではなく、黄色の入った白い色をしています。これは生まれつきのものですが、年齢を重ねるごとに黄色が強くなり黄ばんだ色になってしまいます。

口元にコンプレックスを抱いている人が多いのが日本という国でしょう。手で口元を隠す癖を持っている人も少なくありません。虫歯の罹患率も高く、削ったところを治した銀歯が気になるという人も多いです。これらのお口のコンプレックスを治すのは、保険治療では難しいです。なぜなら保険治療では、虫歯の際には削って銀歯を詰めるなど、治療内容や材料が細かく決められているからです。



【広告】

芸能人が真っ白で綺麗な歯にする方法

そこで最近審美歯科が注目を集めています。

審美歯科は芸能人も多く通っていて、ただ歯を治すのではなく、よりきれいに、より美しくするための治療を行っています。例えば先程の例であれば、銀歯ではなく白いセラミックの詰め物や差し歯にすることで、お口の印象は格段に変わります。人前に出る機会の多い芸能人であれば、尚更お口の美しさに気を使います。銀歯をセラミックにするだけでなく、黄ばんでしまった自分の歯をホワイトニングするなどの方法も行っています。

審美歯科の代名詞にもなっているのがホワイトニングであり、審美歯科とは?と聞かれた場合には多くの人がこのホワイトニングを思い出します。

ホワイトニング

芸能人が行う審美歯科治療の代表的なものとしてホワイトニングがあります。ホワイトニングは、歯に漂白作用のある薬剤を塗ることで、黄ばみなどを取り歯を白くする治療です。歯科医院では濃度の高い薬剤を使用するので、1回の治療で歯を白くすることができます。しかし、虫歯や知覚過敏、歯にヒビが入っていると、薬剤がしみてしまい、治療できなくなってしまいます。

ホワイトニングは専用の薬剤を使って歯を漂白する施術のことであり、歯の表面に薬剤を塗布するだけで削ったり抜いたりすることはありませんのでダメージのほとんどない方法です。

毎日きちんとブラッシングをしていても落とせないような着色汚れは、このホワイトニングで落とすのが効果的です。歯の着色汚れの原因として食べ物の嗜好などもありますが、それ以外に加齢や遺伝といった避けようのないものも存在します。しかし、そのような要因を抱えていてもホワイトニングを行えば白くて美しい歯が手に入りますので、悩んでいるのなら試してみたいところです。

ホームホワイトニング

このホワイトニング関連で、ホームホワイトニングというという言葉を聞いたことのある人も多いと思います。ホームホワイトニングって何?と思っている方のために説明すると、歯科医院で専用のマウストレーを作製してもらった後に自宅で低濃度の薬剤をマウストレーに塗って口に装着することで歯を白くする方法です。

わざわざ通院する必要がありませんので、自分の好きな時に好きなタイミングで行うことができて非常に便利です。薬剤自体は弱いので効果が出るまでには時間がかかりますが、一度白くなってきたらケアを止めない限りは持続されます。

審美歯科を選ぶ時には、治療方法や技術、それまでに手掛けた数などを参考にしながらアフターケアも充実しているところを探すと良いようです。特にホワイトニングはアフターケアがとても重要です。

セラミック歯治療

そこで、芸能人の多くが利用している審美歯科ではオールセラミッククラウンの差し歯にしたり、ラミネートベニアという方法で口元を美しくしています。

ラミネートベニアは歯の表面だけを薄く削り、付け爪のチップのようなものを貼り付けることで、歯の色をきれいにすることができる治療です。生まれつき歯の色が濃い患者さんにも対応することができ、自分の歯を残すことができます。

また、審美歯科では短期間で歯並びをきれいにする治療も行っています。歯並びを治すのは矯正歯科の治療ですが、歯にワイヤーをかけて少しずつ移動させていくために、どうしても時間がかかってしまいます。そこで、審美歯科では、歯並びが悪い部分の歯を削ってオールセラミッククラウンを被せることで、短期間の間に歯並びをきれいにしています。セラミックの色や形を工夫することで、きれいな白い歯並びを実現することができます。

審美歯科では、患者さんの口元に関する悩みやコンプレックスを解消するお手伝いをしてくれます。最近は、歯だけでなく、歯茎のホワイトニングも行われ、ヤニで黒ずんでしまった歯茎もきれいなピンク色にするという治療法ができました。歯だけでなく、歯茎の悩みも解消し、健康的で美しい口元にすることで、自分自身にも自信がつくということは珍しくありません。