事故などで歯が折れてしまったり、虫歯で歯の大部分が失われてしまっても、歯の根が無事であれば入れ歯ではなく差し歯での治療が可能です。

しかし差し歯というのは歯の根っこの部分が残っていることが前提になります。歯の神経がなくなってしまうと歯がもろくなってしまうので、土台を作って歯を補強しなければいけません。

差し歯の土台の種類

土台には大きく分けて2つの種類がありますが、保険診療の場合金属で作らなければいけないという指定があります。そのため保険で差し歯を作った人の歯の中には金属が入っていることになります。

保険が効く差し歯の土台

まず保険適用で使われる土台は、

  • 金合金や金銀パラジウム合金を使ったメタルコア
  • 金属を芯にしてレジンで土台をつくるレジンコア

の二種類があります。

金属の土台

金属の土台は費用の負担を抑えることができますが、メタルコアは金属が溶け出すことで歯茎の変色やアレルギーが起こったり、金属の固さから内部で歯が割れてしまうリスクがあります。

レジンコアはメタルコアに比べると歯の根っこが内部で割れてしまうリスクは低いのですが、奥歯など噛み合わせの強いところへの適用対象外となったり、医師の腕によって成功率が大きく変わることがあります。

土台は差し歯の中に入っているので日頃目にすることはありません。しかし金属は歯にとって硬すぎるため、強い力がかかったときに歯の根っこの部分が割れてしまうことがあるということを知っておくべきでしょう。さらに金属イオンがお口の中で溶け出し、歯茎が黒ずんでしまうという見た目の上でのリスクもあります。

保険外の差し歯の土台

次に保険適用外で使われる差し歯の土台は、グラスファイバーの芯と強化プラスチックによって作られるファイバーコアが代表的ですが、保険外となるため自費診療になり、金属の土台に比べて費用が高額になります。

ファイバーコア

グラスファイバーは白く見た目がいいだけではなく、素材自体がしなやかさを持っているので歯が折れてしまうリスクを軽減できます。

高い弾性を持つファイバーコアは歯に負荷がかかりにくく、割れやひびなどのリスクを軽減するほか、金属を使わないことから歯茎の変色やアレルギーの心配もありません。

特徴と両者のメリットを理解する

このように同じ土台でもそれぞれに特徴が違い、メリットデメリットもあるため、差し歯治療の前にはきちんとそれらを把握しておくことが重要です。

差し歯を作るときは、セラミックなどのかぶせる材料にばかり興味がいってしまいますが、土台についてしっかり考えておくことで差し歯自体の寿命を延ばすことができます。