ダイレクトボンディングとは色や透明感が天然歯のようなプラスティック素材を歯の表面に貼り付ける治療法です。

金属のように目立つことがなく、白い歯を演出できるので審美的にも大きなメリットがあります。直接歯に接着することから歯に負担の少ない治療法として知られています。

稀に歯を削ることもありますが、僅かであるため他の類似の治療法に比べると歯への負担は小さいと言えます。金属を使用しないことにより、金属アレルギーの方も安心して利用することができます。

また、金属に比べるとプラスティックの方が変色しにくいというメリットもあります。



【広告】

ダイレクトボンディングは保険適用できるか?

そんな多くのメリットを持つダイレクトボンディングですが、保険が適用されないという特徴があります。

保険は歯に必要な最低限の治療までを補償するものであるからです。

ただし、虫歯の際にはレジン充填がある程度必要とみなされることから保険が適用されます。

あくまで虫歯治療の一環という形です。

そのため、保険適用の治療ではプラスティックの色や素材を指定することができません。

保険適用外の治療の場合

保険適用外の治療であれば、保険が適用されるケースよりも素材や色を細かく指定することができます。

そのため、ダイレクトボンディングを受ける際には保険を適用させるかということが1つの問題になります。

虫歯など歯に異常がない場合は保険を適用させることができませんが、虫歯があった場合にも保険を適用させずに使用するプラスティックに幅を持たせるという方法もあります。

保険が適用されない治療の場合は歯科医院によって大きな費用差が生まれます。

その幅は1本10,000円から50,000円までともされています。

そのため、保険適用外のダイレクトボンディングを受ける際には歯科医院選びの重要性が高まります。

保険適用の治療の場合

虫歯などを理由とする保険適用の場合は1本あたり700円から2,000円ほどとなります。

しかし、前述の通り保険を適用させないことで多種類のプラスティックから選択できるといったメリットがあるため、一概に安ければ良いということもありません。

まとめ

よく似た効果を持つオールセラミックは360度いずれの方向からも自然な仕上がりになるというメリットがありますが、治療費は80,000円から150,000万円ほどが相場となっており費用がかかります。

保険適用、保険適用外、どちらの施術を受けるにしても費用と仕上がりの面でどう選択するのか良いのかを検討した上で決定することが必要となります。

中にはこちらのオールセラミック治療最大手審美歯科のように、複数本の歯をオールセラミックにすることで割安に治療が受けられる歯科もありますので、そういった歯科を選ぶのもいいかもしれません。