美しい前歯に憧れる人も多いですが、審美治療を受けると保険適用外で高額な費用がかかるのでなかなか治療に通えないという人も多いです。



【広告】

ダイレクトボンディングで奥歯や前歯を治療した時の費用

オールセラミックにすると1本10万円以上かかることもあるので、複数本をオールセラミックにするのは大変ですが、保険適用外でもかなりリーズナブルな費用で治療できるのがダイレクトボンディングです。

レジンという材料を使用し隙間を埋めたり前歯の形や変色した古い詰め物を綺麗に修正できます。奥歯が銀でみっともないと感じる人も白い奥歯に変えることができるので便利です。

気になる費用ですが保険適用で使用する材料よりも硬く自然な感じに仕上がる色を使えるので、費用も保険適用の材料よりも高くなります。

一本1万円~5万円くらいかかると考えた方がいいでしょう。

オールセラミックの材料と比較すると半分くらいで済むので、保険適用外の治療法の中ではかなり安い費用といえます。

ダイレクトボンディングの特徴

ダイレクトボンディングはオールセラミックやインプラントのように形や色を大きく変えたり、強度や耐久性が優れていいるわけではありませんが、前歯や奥歯を大きく削らなくても気になる部分だけ綺麗にできる治療方法なのでとても便利です。

小さなは隙間を埋めたり欠けた前歯を修復するにはとてもむいている治療方法と言えるでしょう。

ダイレクトボンディングは保険適用のプラスチックの材料だけを使用する詰め物とは違い、ハイブリッドのセラミックとレジンを混ぜ合わせた素材を使用します。

硬すぎず柔らかすぎないので歯の隙間の治療にもむいています。

あまり歯を削らずに治療をおこなえ、型取りなどもしなくて済むのでわずか一日で治療が完了するので、仕事や家事が忙しくあまり頻繁に治療ができない人にもむいている治療方法と言えるでしょう。

銀やアマルガムなどの金属を使った詰め物だとアレルギーが発生する可能性もあるので、ダイレクトボンディング法という白い詰め物を使用すれば、金属アレルギーのない奥歯にできます。

奥歯を削る量も少なくてすむので患者さんの負担も軽減できるのも特徴の一つです。

最後に

保険適用の材料を使用していると次第に前歯も変色してくることがありますが、ダイレクトボンディングならば変色やねじれ、欠けた部分も簡単に修復できます。

歯の隙間がある人も隙間を簡単になくすことができますが、耐久性や耐変色は10年前後と考えた方がいいでしょう。

定期的な検診やメンテナンスをおこなうことで耐久性や耐変色を長くすることも可能です。歯ぎしりがひどい人は耐久性も短いので早めに検診を受けるようにしましょう。

ただ、審美性を考えるとオールセラミックが一番です。それに近年では保険外の歯科治療もかなり安くなってきているので、できれば前歯だけはオールセラミックにしたいものです。