ダイレクトボンディングとコンポジットレジンはどちらも歯科医院で行われている歯科用レジンを使う治療法ですが、前者は自由診療、後者は保険診療で行われるという違いがあります。



【広告】

ダイレクトボンディングとコンポジットレジンの違い

ダイレクトボンディングとコンポジットレジンの違いとは具体的にどんなことなのでしょうか。

以下にまとめてみました。

コンポジットレジン

まず、コンポジットレジンは小さな虫歯の治療で詰め物をする時や、歯に欠けた部分があるのを埋めるために行われます。

そのやり方は虫歯になった部分を取り除いた後などに出来てしまった穴や隙間に歯科用レジンという樹脂の素材を流し込み硬化させるというもので、必要に応じて患部に詰めた歯科用レジンを研磨することもあります。

コンポジットレジンの良い点は保険診療で行われるため治療費が安いということや、色が白いので金属の詰め物よりも自然な仕上がりになること、通院回数が1~2回ほどで済み、治るまでに時間がかからないことなどが挙げられます。

一方、この方法のデメリットには詰め物に使う歯科用レジンが数年経つと着色してしまうことや、強度があまり強くないので噛んでいる内に割れてしまうリスクがあるという点などがあります。

ダイレクトボンディング

それに対してダイレクトボンディングは歯科用レジンを使って歯の修復を行う点は同じですが、保険外(自由診療)で行う治療であるため、使用出来るレジンの種類が多くなっており保険診療で使う物よりも審美性が高く強度も期待出来るレジンを素材として使えるという違いが魅力になります。

また、コンポジットレジンは虫歯を治した後に歯科用レジンを詰めて治すといった歯の機能回復に重点を置いた方法になりますが、ダイレクトボンディングは歯の色や形が気になる人がそれをキレイにしたいという審美歯科治療に使うことが多いのも違いです。

ダイレクトボンディングでは、歯の詰め物の色が気になっている時にその詰め物を取り除き、出来てしまった隙間を周りの歯になるべく色を合わせたレジンで埋めて治すことが出来ます。

その他にも、歯の先端がギザギザになっている部分にレジンを貼っていって滑らかな形にしたり、歯と歯の間に隙間が開いていて気になっている場合、その隙間をレジンで埋めてキレイな歯に見せることなどにも利用出来ます。

この治療法で歯の審美性を向上させると治療時間が短いという利点がありますし、歯を削って被せ物をする方法と比べると歯を削らなくて良いのが大きなメリットになります。

まとめ

ダイレクトボンディングとコンポジットレジンの違いは、保険外診療か保険診療かという点や利用用途の違いになります。

歯に治したい部分がある時は、これらの治療法を利用することを考えてみてはいかがでしょうか。