前歯の色や形の悪さをキレイに治したい時には、歯科医院でダイレクトボンディングやオールセラミックという治療法を受ける方法があります。



【広告】

ダイレクトボンディングとオールセラミックの比較

ダイレクトボンディングとオールセラミックの治療法を比較してみると、自分の歯をキレイに整えるのにはどちらの方法が適しているかを知ることが出来るので、歯科医院で治療を受ける前に把握しておいてはいかがでしょうか。

素材の違い

まず、ダイレクトボンディングとオールセラミックを比較すると決定的な違いは使用する素材の違いになります。

前者で使用されるのはレジンという歯科用のプラスチック素材ですが、保険診療で使われるレジンよりは高品質なものになっており色も選べるため、自然な歯に近い見た目に仕上げられます。

それに対して後者で使われるのはセラミックという陶器の素材です。

オールセラミックでの治療に使われる素材は透明感があって美しいのが特徴である上に、患者さんの元々の歯の色に近づけて作ることが出来るので審美性が高い点が魅力になります。

それに加えて、レジンよりも汚れがつきにくく変色しにくい点もメリットになっています。

治療の仕方

次に治療の仕方を比較してみると、ダイレクトボンディングは例えば患者さんの前歯がギザギザになっている場合、ギザギザしている部分に直接レジンを塗り重ねて滑らかな形に整えていきます。

治療の内容によっては型取りをして2回の通院で治療を完成させることもありますが、多くの場合では1日で治療が完了するため忙しい人にも便利な治療法です。

一方、オールセラミックで前歯の形と色の悪さを治そうとする場合は元々の歯を削っていき、それを土台としてセラミック素材で作った被せ物を被せて形をキレイにするという方法になります。

この方法では噛み合わせの型取りが必須になりセラミックで被せ物を作るのにも時間がかかるので、時間に余裕がある人に向いている方法と言えるでしょう。

前歯の審美治療

ダイレクトボンディングとオールセラミックで前歯の審美治療を行うことを比較すると、後者は歯を削らなくてはならない点が大きなデメリットと考えられます。

それから治療費についても、前者は保険外診療であってもセラミックを使った治療やインプラント治療に比べて安いという利点がありますが、後者は高額な費用が必要になる点が利用しにくいでしょう。

まとめ

この2つの治療法を比較するとどちらの方法にもメリットとデメリットがあるため、患者さんの歯の状態によって選んだ方が良い治療法が変わるだろうと言えます。

自分の歯に当てはまるならこの治療法が得意な歯科医院を探して利用するのが良いでしょう。