歯並びが悪いと自分に自信が持てなくなりますし、食べ物をかむのも上手くできません。遺伝的に出っ歯になりやすい人がいるのも事実ですが、中には生活習慣によって歯が前に出てしまっている人もいますので、まずは生活習慣から見直していくのが得策です。

出っ歯を自力で治す方法もある

歯並びを悪くするような癖があると、せっかく歯科医院で矯正を受けたとしてもまた戻ってしまいますので、せっかくの努力が水の泡になります。自力で治す場合も同じであり、ほんの少しずつ効果が出てきているとしても戻す方の力が強ければ良くなっていると実感することができません。

出っ歯になる原因として指しゃぶりはよく言われることです。これは小さな子供がすることですが、3歳を過ぎたら止めさせた方が良いといわれています。それまでは指しゃぶりをしていたとしてもそれほど影響はないのですが、段々と物心がついてくると止めるのも大変になります。最近ではスムーズに止められるように爪に苦いマニキュアを塗ったりと対策用グッズも出ています。

大人の場合には口呼吸が大きな原因になります。口呼吸をしていると口を閉じるための筋力が弱くなっていき、舌の位置や歯並びに影響を与えます。子供の頃には意外と口呼吸の人が多いのですが、大人になっても続けていると締りのない口元になってしまいますので、口呼吸は早めに止めなければなりません。口の筋肉を適度に保つためには、やはり閉じるための筋力を鍛えておくのが良いようです。

他にも、左右のどちらかに頬杖をつくような癖がある場合には、骨格の歪みの原因になります。片方にだけ圧力がかかることで歯やあごの成長に差が現れ、顔が歪んでしまいますし歯並びも悪くなります。頬杖をつく姿勢が楽だと感じている人は既に骨格が歪んでいる可能性がありますので注意しなければなりません。頬杖以外ではうつぶせ寝も歯並びに影響を与える要素です。寝方にも癖が出るといいますが、出っ歯に悩む人はそうなりやすい習慣が身についてしまっていることが多いようです。

自力で前歯の部分矯正を行う場合、口周りのストレッチが非常に効果的です。簡単に行える方法としては「あいうえお」と口を大きく開いたりすぼめたりして発声するのが良いのですが、このストレッチは数日行った程度では効果は出ません。長く続けることで段々と口周りに筋肉がついてきて、内側に圧をかける働きが強くなります。

また、べろ回しを行うことでもかみ合わせを正して歯並びを改善することができます。左右50回を1セットとして、1日に朝昼夜と3セット行います。効果が出始めるおおよその目安としては、3ヶ月程度を見ておくと良いようです。実際のやり方としては、口を閉じて舌先を上の右奥歯の外側に置いて、そのまま歯の外側をなぞるようにして前歯の方へと移動させ、そのまま左奥歯まで移動させます。逆も同じように行い、左右両方を行ったら舌をぐるっと一周させます。これも右回りと左回りの両方を行います。

出っ歯は見た目が悪いだけでなく健康面にも影響があることも

出っ歯は非常に目立ち外観に大きな影響を与えます。また顔貌だけでなく、口を開けたままになるケースも多く、ドライマウスになって唾液が減るため口内の衛生環境が悪くなりがちです。口内が乾燥していると、口臭も強くなる原因にもなります。噛み合わせが悪いため、歯の隙間に食べ物かすが残り、ブラッシングでも取り切れずに虫歯や口臭の原因になることがあります。

上の前歯だけがわずかに前方に傾斜している状態から、上あご全体が下あごよりも前に突出している重症まであります。また上下両方の歯が傾斜していることもあり、その程度も軽度のものから完全に口を閉じられないものまでさまざまです。

出っ歯の原因としてまず先天的に歯の数に対して顎が十分に大きくなく、歯が前に押し出されることで出っ歯になるケースが大半です。通常は早めに抜歯してスペースを確保することで歯列を正常に戻します。後天的な原因としては、ジャンクフードなど柔らかいものばかり食べることで顎が十分に成育せず、結果的に正常な歯列を確保するスペースが足りなくなることが原因で起ることがあります。また蓄膿症等の原因で口呼吸がくせになっている場合も上唇で押さえられず出っ歯の原因になります。

比較的多いのが舌で上の歯の裏側を押すという、いわゆる舌癖です。普段の舌の場所は本来上あごの裏側に触れているのが正常です。舌先で前歯の裏側を押す癖があると、次第に前歯が押し出されることになります。

今は10万円程度で出っ歯矯正ができる

出っ歯を自宅で自力で治す方法を色々試すのも悪くはありませんが、今は昔と違いたった10万円程度で出っ歯を治すことができるので、歯科で治療を受けてしまうのが最も手っ取り早いでしょう。

出っ歯の場合前歯を矯正することになりますが、今までの代表的な矯正方法は、部分矯正で以前から利用されている方法がワイヤーを用いる方法でした。矯正が必要な歯にだけワイヤーを掛けます。歯を動かすスペースを確保するために抜歯が必要になることが多いです。またワイヤーを掛けるために奥歯にゴムを挿入してブラケット(器具)を装着することになります。

この従来の矯正方法であれば一般的に数年程度の期間を要し、費用についても数十万円~100万円程度かかることが多いです。また矯正された状態を保つ(保定)ためにさらに数年器具を装着し続ける必要があります。そしてワイヤー自体は金属製で隙間に食べ物が残りやすいので、虫歯や口臭を防ぐために食後の丁寧なブラッシングが欠かせません。

他にもマウスピースによる矯正が考えられます。前歯だけの部分矯正といっても、歯全体にマウスピースを装着することになります。これもある程度の期間が必要で、金属アレルギーがあるためワイヤー矯正ができない人はマウスピースも選択肢になります。

そして今はセラミック矯正という治療法もあり、矯正が必要な歯だけ削ってセラミック歯をかぶせたり(クラウン)、表面に貼り付けたりする治療法があります。こちらは1本あたり数万円と安い費用で簡単にできる治療であり、長期間を要する従来のマウスピースや歯列矯正に比べて安価で治療期間も短く人気が出てきている審美歯科治療です。

ただしセラミック矯正だと健康な歯を削ってセラミック製の歯を被せる形になるため、歯の状態によっては神経を抜いて削らなければいけないケースもあり、歯の寿命が短くなってしまう可能性もあります。ですが通常の歯列矯正においても歯を動かすことで歯根吸収という歯の根が短くなってしまう現象が起こり、将来的に抜けやすくなってしまうこともあるため、どの方法を選択するかは自分に合った方法をよく考えて選ぶ必要があります。