歯科医院などでよく聞かれる「デンタルローン」とは簡単に言うと、「歯科治療費」に限定した医療費の立替払制度のことです。

各信販会社が患者に代わって治療費を立て替えることによって、歯科医院に支払います。患者は各信販会社に対して、治療費にプラスして手数料を分割して支払う契約になります。



【広告】

デンタルローンの特徴とは?

主にインプラント治療や矯正治療のような治療費全額が自己負担になるような自由診療などに利用することが可能です。

治療するのに費用が高額になるので、治療に踏み出せなかった方もいるかと思いますが、信頼することができる歯科医院で適切な治療を受けるため、月々において無理のない金額で支払うことができるローンを活用する方法もあります。

いくつかメリットがあり、例えば治療内容に応じて利用額を決めることができたり、分割回数が多く余裕をもって返済することが可能です。

分割払いについて

歯科治療専用になっていて分割払手数料も優遇してくれるケースがあります。

歯科医院などが窓口となって手続きしてくれる場合もあり、気軽に利用することが可能です。各信販会社によって仕組みは多少異なりますが、一般的に利用しやすいような条件になっています。

会社によって審査があり、申込資格や審査期間などは各信販会社によって異なりますが、デンタルローンを扱っていない歯科医院もあるので確認しましょう。

分割払手数料が発生することもあり、これも各信販会社によって異なります。インプラントは1本あたり手術費の目安は30万円~50万円くらいで、患者によっては骨造成などの補助治療の料金がプラスされます。

費用は歯科医院によって異なり、設備や技術・スタッフの専門性や利用する材料などによって変わるので、いくつか歯科医院に相談して、治療内容や方針、見積もりや追加費用などをきちんと確認し、歯科医院を選ぶと良いでしょう。

各信販会社のローンと銀行のローンの違い

各信販会社のローンと銀行のローンには違いがあります。

高額な医療費を分割で支払う方法には、多目的ローンやクレジットカードなどがありますが、デンタルローンの場合は高額な治療費に対応できるよう利用限度額がかなり高く、クレジットカードと比較すると分割払手数料率、いわゆる金利が低めなのが特徴です。

毎月分割払いに比べると、医療費控除を利用する節税効果が期待できるでしょう。デンタルローンは大手金融機関や地方銀行、信販会社などにおいて独自に扱っていて、サービス内容は異なるので比較することをおすすめします。

申込資格は各信販会社によって違う場合がありますが、基本的に20歳以上で、安定した収入のある人を条件としています。専業主婦の方や年金受給者の方も利用することが可能です。審査の結果次第では連帯保証人などが必要なケースもありますが、詳しくはローンを扱っている歯科医院や各信販会社に確認すると良いでしょう。

申込方法について

申し込み方法は各信販会社によって違います。

例えば、ローンを扱っている歯科医院から申込みしたり、ローンを扱っている各信販会社から申込みする方法があります。借り入れた金額の入金は各信販会社から歯科医院に直接振り込まれたり、ローンを契約した本人の指定口座に入金されるケースもあります。

各信販会社によってルールが違うので確認すると良いでしょう。基本的に毎月患者が指定した金融機関の指定口座から自動引き落としされ、各信販会社によって一部繰り上げ返済したり、支払い途中で一括返済することができる会社もあります。毎月の支払金額は借入金額やボーナス払いなど、申込内容によって違います。

インターネットにある各信販会社の公式ホームページにはデンタルローンに関する詳しい説明があり、返済シミュレーションなどを利用することが可能です。