最近は歯の治療の材質としてセラミックを希望する方が多くなっています。セラミックにはいくつか種類があり、それぞれに特徴やメリットデメリットがあります。

セラミック歯

セラミックは差し歯や詰め物などの歯の治療に用いられているものですが、陶器でできているセラミックは金属やレジンと比べ、他の歯と区別がつかない程自然な光沢があり審美性に優れておりいます。

セラミックでの治療は保険適用外のものがほとんどで自由診療となるので費用は高く、種類にもよりますが詰め物だと3万円から5万円程、差し歯だと1本10万円から15万円程かかります。しかし、セラミックは他の素材に比べると寿命が長く、新しい虫歯もできにくいので長期的に考えるとメリットが多いです。

セラミックは耐久性が高いため傷もつきにくく、時間が経っても変色しにくいのが特徴です。とても硬い素材なので強い力を加えると欠けてしまうことがありますが、セラミックにもさまざまな種類があり、ハイブリッドセラミック、メタルボンドセラミック、オールセラミック、ジルコニアセラミックなどがあります。

ハイブリッドセラミック

まずセラミックを使用した歯の中で最も安価なものが、セラミックとレジン(プラスチック)を混合したハイブリッドセラミックです。一部保険が適用されるケースもあります。

ハイブリッドセラミックはプラスチックにセラミックの繊維を混ぜているため、プラスチックだけを治療に使うよりは強度が高くなっています。詰め物に使う分には強度は十分ですが、被せ物やブリッジの時は補強のために金属フレームを使います。

自然の歯に近い色を出すセラミックの審美性を保つ一方で、レジンが含まれていることから強度に少し弱さがあり、変色してしまうという特徴があります。

陶材の粒子とプラスチック樹脂を混ぜ合わせた素材ですので、セラミックだけを使用した歯と比較すると軟らかさがあるため、欠けたり割れにくくなっています。その分経年劣化があり汚れが目立ちやすく擦り減っていきます。

メタルボンドセラミック

次に審美面だけではなく歯の強度も重点的に考えたメタルボンドセラミック。

内側の芯に金属を使い外側をセラミックで覆ったメタルボンドセラミックは金属により強度が増しているので、歯の食いしばりが強い人にも使えます。

強度や耐久性が高いという特徴がありますが、芯となる金属が透けて審美性がやや損なわれてしまうことがあります。また金属が溶けて歯茎の変色を招いてしまうこともあります。

オールセラミック

オールセラミックはその名前の通り全てがセラミック素材でできており、もっとも自然に近い色の歯を保つことができ、歯茎の変色などの心配もいらないという特徴があります。

白く透明感のある色合いが出せるので自分の歯と比較しても遜色がありません。汚れも付きにくく経年劣化の変色も心配ないので美しさが持続します。

金属を使用していないため金属アレルギーの人でも安心です。美しさの点で非常に優れていますが衝撃に弱いのでブリッジには使用しません。

また従来のオールセラミックは天然歯より硬く噛んだ時に割れてしまうことがありましたが、昨今は適度な柔軟性を備えることで噛みあいダメージを減らした「e-max」というものや、外に透ける心配のないジルコニアを芯材として耐久性を高めたジルコニアセラミックなどが出てきました。

これによってオールセラミックのマイナスポイントはほぼなくなってきています。

ジルコニアオールセラミック

ジルコニアオールセラミックは、オールセラミックの芯材に非金属のジルコニアを入れたものです。奥歯の治療やブリッジに使っても良い強度を持っています。

ジルコニアは人工ダイヤモンドの素材であり硬い素材なので細かい加工が難しく、インレーに使うことはほとんどありません。オールセラミックに比べて強度が増した分、透明感が出せないため前歯にはあまり向きません。主に強い力が加わる奥歯の白いセラミック差し歯として使用されます。

またセラミック歯のブリッジを作成する場合はジルコニアブリッジが主流となっています。

セラミック治療にはこのようにいくつかの種類があり、一口にセラミックといってもそれぞれ一長一短があるため費用面なども含めて総合的に選ぶ必要が有ります。時間をかけて考え、自分に合った方法を選択するとよいでしょう。

銀歯治療は減少傾向にある

歯の治療をする時は今まで銀歯が主流でしたが、銀歯には多くのデメリットがあります。従来は虫歯の状態がひどくなると銀で覆ったり、歯の詰め物として銀を詰めたりする治療が多かったといえますが、劣化によって隙間から虫歯になりやすかったり口をあけた時に他の歯とあまりに色の違いがはっきりしている為に目立ちすぎて嫌う人が多くなってきました。

また銀の性質上、密着度が低かったり汚れが付着しやすかったり、手作業で作られる為にピッタリとしているようでも隙間が出来やすく、わずかなところから虫歯が発生しやすいといういくつかの問題点により、銀を使った治療の数が減少しているといわれています。

銀を使用しない代わりに増えてきているのがセラミック治療です。セラミックというのは陶器の素材であり色も天然の歯に近い白っぽい色をしているだけでなく、銀にはない様々なメリットがあります。今は多くの種類の治療法があり特にセラミック治療は費用が高くなりますが、それ以上のメリットがあります。例えばセラミック治療は、上述した銀歯のデメリットを大きく改善し審美性、安全性、機能性、治療の手軽さを兼ね備えています。

さらに最近の治療法では従来の歯科治療のように時間がかかる事がなく、短時間で詰め物やかぶせものを作る事ができ、すぐに治療に使用出来るような高性能な機器セレックなども導入されている為、忙しい方にとってもメリットとなっています。

セレックとは?

セレックというのは3Dスキャナーといった機械を使って撮影するだけで歯型を作成し、機械でセラミック歯を作成することができるドイツから来た新しい治療法。

立体画像を機械で成形する方法なので、虫歯の原因となる隙間ができにくく、精度が良いのできちんとケアしていれば、虫歯が再発するリスクも低いです。

密着しやすい事や精密にパソコンなどの機器で作られる為に形がぴったりと合い隙間なく使用する事が出来ますが、機械で作成するため見た目や形に関しては限界があります。

セレックを使用しない場合セラミック歯を作成するのは歯科技工士という職業の人間ですが、歯科技工士というのはいわゆる職人さんなので、色も透明感も見た目も本当に綺麗で自然な歯を作成することができる人が多いです。

前歯など人目につく部分に本当に綺麗な差し歯を入れたいのであれば、歯科技工士に作成してもらったセラミック歯を選ぶのも一つの手です。

メリットデメリットを理解して治療を受けることが重要

歯の治療をおこなう場合は、材質やそれぞれどの治療法にするのかが重要になってきます。材質によっては変色やアレルギーをおこしたり、割れたり虫歯になりやすいものなどがあるので、クリニックの医師にしっかり材質の種類とメリットデメリットを確認し、それぞれの素材や治療法のメリットデメリットを理解して治療を受けることが重要となります。

前歯の治療をおこなう時は、何も言わなければ多くが保険適用の範囲でプラスチックの材質を使いますが、プラスチックの材質だとどうしても変色をすることが多く、見た目が悪いため後からセラミック治療を受けたいと言う人は後を絶ちません。

セラミックの材質はほとんどが保険適用外で高額になりますが、後からセラミックにすればよかったと後悔してしまうことのないようにまずは歯科できちんと確認することが大事です。セラミックの治療を安い値段でできるクリニックも今は増えてきており、治療後のアフターケアなど保障期間を設けている所もあります。そういった部分もしっかり確認してから通うといいでしょう。