虫歯になったときに歯医者にいくと症状がある部分を削られて被せ物をしたり詰め物をするケースがほとんどですが、このときに使われる素材として銀色の金属と白いセラミックがあります。



【広告】

セラミック治療で使われる素材の種類

見た目が自然な歯の色によく似ているセラミックはとても人気のある素材で、価格が高くなっても治療を受ける人がたくさん存在します。

インレー

この白い素材には種類があり自分で選ぶことができますが、詰め物に使われるのがインレーというもので100%のセラミック素材が使われているのが特徴です。

この素材を使うと口の中の状態が変化しても色の変化が少ないうえに品質劣化がしにくいという優れた面を持っているのが魅力ではあるものの、通常の銀歯に比べると耐久性が少し劣るという部分があります。

インレーを依頼すると場所や素材の質にもよりますが、2万5000円から4万円くらいの料金で依頼することができます。

オールセラミック

オールセラミックというのは被せ物で使われる種類であり100%この素材だけでできているのはインレーと同じで、差し歯を依頼したいときにこの方法で行ってくれます。

差し歯ですのであまり目立たないような奥歯の部分だけに限定されず、前歯や小臼歯といった口を開けたときに正面から見えやすい部分の歯にも治療を行えるのがメリットです。

インレーとは違って耐久性が優れているのが特徴で、銀歯などの金属を使った被せ物に比べると丈夫で長持ちするのがメリットです。

また金属を使っていないことから金属特有の成分が口の中に染み出して、歯茎や歯に黒い色素沈着を作りにくいために美容的な治療効果を得られるといった優れた面を持ちます。

この方法を利用すると一般的に4万円から7万円くらいの料金を必要とし、前歯などの目立つ部分に差し歯として利用する場合には7万円から15万円くらいの料金を請求されます。

どれくらい?オールセラミッククラウンの費用相場と治療期間

ジルコニア

ジルコニアは詰め物や被せ物の耐久性を高めるための素材として存在するもので、ジルコニウムの酸化物から作られます。

強い素材とあり詰め物や被せ物が長持ちするなどのメリットがあるため最近では人気が高まっている治療方法で、料金は一般的に4万円から8万円くらいを必要とします。

ラミネートべニア

ラミネートベニアという種類は厚みの薄いプレートの形状をしているのが特徴的な素材で歯の表面にはりつけるようにして使われるもので、歯の形を綺麗に整える他に歯と歯の隙間を目立たなくするように埋め込むことができる使い勝手の良さが人気で芸能人やモデルの利用者が多くいます。