虫歯の被せ物が必要な治療などには銀歯を選ぶこともありますが、審美性を求めてセラミックを選ぶこともできます。



【広告】

セラミックを使った治療の種類

治療の種類もいくつかあり、虫歯の状態や大きさ、値段などで選ぶことができます。

基本的に歯を美しくするためにセラミック治療を行なう場合が多く、美容目的の治療は保険適用外となるので高額になりますが、審美性や歯茎が黒ずまない、金属アレルギーの場合は安心して使うことができなどメリットもあるので検討すると良い方法です。

セラミックの種類には、

  • 詰め物のインレー
  • 被せ物のクラウン
  • ジルコニア
  • ラミネートベニア
  • ハイブリッドインレー

があります。

インレー

インレーは詰め物のことで、100%セラミックの詰め物で、耐久性は銀歯に比べるとやや劣る場合もありますが、水分を吸収せずに口内環境の変化にも強く、変色や劣化が最小限に抑えることが期待できます。

被せ物のクラウンは、差し歯のことで、自分の歯に近い色で作ることができるため、銀歯などでは目立つような前歯や小臼歯などに使われることが多く、金属で作る差し歯よりも耐久性があり、歯茎の黒ずみなどもありません。

ジルコニア

ジルコニアは耐久性を高めるために内側にジルコニアを使ったもので、しなやかさと強度がある素材で、詰め物と被せ物の治療が可能です。

ピンからキリまで!ジルコニアセラミックの費用相場

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、歯の表面や一部分のみの方法で、薄いプレートのような状態にしたものを張り付ける方法です。

歯の隙間を埋めたり、周りの歯に形を合わせることが可能で、ホワイトニングでは歯が白くならない場合や自分の歯をあまり削りたくない場合などに適しています。

少しでも健康な歯を削ることになるため、噛み合せなどによっては欠けてしまう可能性があります。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレーは、レジンというプラスチックと合わせて作られた詰め物のことで、奥歯の大きい詰め物に適した方法ですが、プラスチックが含まれているため色味が多少劣るところがあり、水分を吸収して経年劣化をすることもありますが、他の方法よりも少し安くなることは魅力のひとつです。

かかる期間は2〜4週間程度ですが、数枚写真を撮影することで被せ物が完成する機器を導入している歯科医では問診から装着まで1日で済む場合もあり、歯科医によって完了までの期間や値段が変わる場合があります。

前歯の被せ物などはできるだけ目立たせなくと考えるものです。銀歯は安くて良いのですが、目立つため考えてしまいます。

最後に

笑った時にちらっと見える歯が銀歯で気になったり、また、審美性重視の方の場合はセラミックを選ぶと良いです。

種類も色々あり安くできる方法もあるので医師に相談することが良い選択です。