歯医者さんに行って多くの人は悩んだ経験があると思うのが「セラミックの詰め物にするか銀の詰め物にするか」でしょう。

最初に来院したときのアンケートなどで「保険内で治療してほしい」と申し出ている人はすすめられることは少ないと思いますが、セラミックは保険適用外の物質になります。

歯の治療では基本的には保険が適用されるので、どうしても値段の安いプラスチックの素材を希望する人も多いです。ですが最近は保険適用外ではありますがセラミックの素材を使った治療を望む人が増えてきました。



【広告】

前歯の差し歯

プラスチックの素材は費用は安いですが、しばらく使っていると変色しやすいので気をつけなければいけません。特に前歯をプラチックの素材で治療をしてしまうと、変色してかなりみっともなくなります。

せっかく安い費用だったのにすぐにまた治療をしなければいけないので結果費用も高くつくということがあります。

セラミック歯

セラミックなら変色をしないのでメンテナンスを頻繁にしなくてよく長い期間使うことができます。透明感が高く自然な色にできるので、見た目も綺麗で差し歯にしても気づかれないことも多いです。

セラミックは安全な素材でできているのでアレルギーなどの心配もありません。個人に合わせた色や形にできるので、歯にコンプレックスがある人にはとても人気のある素材です。

中でもオールセラミックというものであれば金属をまったく使わないので、保険の差し歯のように歯茎が黒くなったり金属アレルギーになる心配がありません。

オールセラミックの値段が気になるところですが、クリニックによって値段が全然違います。

値段

気になるのはその値段ですが、セラミック歯は保険適用外なので1本13万円~15万円くらいかかることもあります。しかしクリニックの中には高額な治療費を請求せず、安い費用で治療を受けれる所もあります。

歯科によっては保証期間を長くしていたりまとめて数本治療すると安い費用でできたりと、それぞれ売りにしていることがあることも多いです。安い費用に抑えたい場合は金額を低く設定しているクリニックを探してみるといいでしょう。

値段だけで選ぶのはあまりよくないので、セラミック治療を受ける際の歯科選びについてはこちらの記事をお読みください。値段が高いものですのでしっかりと自分が納得できる歯科を選びましょう。

安いものは危険?

あまりにも安すぎるのは危険かと疑ってしまうかもしれません。ですがセラミックという素材はそこまで高級なものではありません。

最近は大体1本のセラミック歯で4,5万ほどという安い金額で提供している歯科も増えてきました。治療する歯の本数にその値段をかけた金額が請求されることになります。

同じ自費治療でも、例えばインプラントなどと比べるとセラミックは比較的安い金額で治療ができるので、その値段で提供している理由に納得できる要素があるのであれば何の危険性も問題もないと私は思います。

今、笑顔に自信はありますか?

前歯が欠けたり折れたりしていると他の歯にも悪い影響を与えてしまうことがあるため、できるだけ早めに治療をすることが大事です。

保険が適用されるプラスチックの素材で前歯を治療するならば値段も安いので負担になりませんが、セラミックの素材にすると保険適用外なので値段も高くなることも多いです。しかしプラスチックの素材はどうしても変色しやすく素材自体の安定性も良くないですが、セラミックなら長い期間使い続けても変色はせず綺麗な状態を保てるのでメンテナンスも頻繁にしなくてすみます。

長い目でみると保険外のセラミックの方が耐久性や審美性に優れているので、その間綺麗な歯で自信を持って過ごすことができることを考えれば私はセラミックの歯にするべきだと思います。

笑顔に自信が出るのはやはり美しい歯並びとその白さ。治療の際はその歯科についてしっかりと下調べをし、カウンセリングなどを受けて納得した上で決めるようにしましょう。