自分の歯を削ってセラミック製の被せものをすることで歯並びを整えるセラミック矯正。セラミック矯正ををした方はそのメリットに感動されることが多い反面、後悔する方もいるのでしょうか?

セラミック矯正をして後悔している人はいる?

セラミック矯正をして歯を削ったことに対して後悔している人がいるのは事実であり、私の周りにも歯を削ることに抵抗がある人は多くいます。ですが歯を削ったことに対する後悔よりも歯並びが綺麗で理想的なものになったことのメリットを実感しているケースがほとんどであり、セラミック矯正をしなければよかった…と後悔しているという話はあまり聞いたことがありません。

人間老いると自然と歯を失ってしまうものですので、一生すべて自分の歯で過ごすというのは中々難しいです。自分の歯を残していたとしても将来的には抜け落ちてしまったり差し歯にしなければいけなくなってしまうことがあります。これは賛否ある意見ですが、それならセラミック矯正で早いうちにコンプレックスを解消して毎日を楽しく過ごすことができるのであれば、自分の歯を削ってセラミック矯正をする価値があるという考えもあります。

実際歯並びがよくなって困ることは何一つないはずです。金銭的な問題はデメリットかもしれませんが、ずっとキレイな歯を維持できるメリットは大きいです。当初は後悔するかもしれないと思って治療を受けた方も、治療後はみなさん口をそろえてやってよかったと言います。それほど歯がキレイになるメリットは大きく、生活の快適性を大きく変えてくれるのです。

噛み合わせが悪いまま放置するリスク

見た目を綺麗にするためにセラミック矯正をするならメリットデメリットを考えてよく検討する必要がありますが、かみ合わせが悪いというレベルの場合はできるだけ早く矯正治療を受けるべきです。

噛み合わせが悪いと顎に大きな負荷がかかり、噛む動作のバランスが悪いとその負荷が全身に及んでしまうのです。健康な体を維持するためにも噛み合わせは早いうちに治しておくべきです。噛み合わせがよくなると食べ物をよく噛めるようになるので健康によいだけでなく、噛み合わせのバランスがよくなることで肩こりがなくなったり疲れにくい身体に変わるといったこともよくある事例です。

コンプレックスを解消することの価値

セラミック矯正をして後悔するかもしれないと考えることは大切なことです。ただその多くは削ることへの不安であることが多いですが、歯並びが気になって上手く笑えないといったコンプレックスを短期間で解消することができるのはセラミック矯正の大きな価値であるのは事実です。

また噛み合わせがよくなって健康になることは美容に繋がるということも意味しており、心身ともに健康になれば自然と容姿も美しくなります。セラミック矯正によって口元が整い容姿のコンプレックスが消えたら、自分の顔に不満があるという方も口元のコンプレックスを解消するだけでかなりの確率で満足できるレベルまで不満がなくなります。

笑顔が多くなることはセラミック矯正を受けた患者さんのほぼ全員が実感することであり、歯を削ることで後悔する以上の価値があるとも言えるでしょう。