病気になると医療機関で治療を受ける場合があり、健康保険が適用されると治療費の3割のみを自費で負担します。

自費で負担した治療費のうち、年間10万円を超える部分(年収200万円以下の人であれば年収の5%を超える部分)については医療費控除の対象となり、年末調整または確定申告の際に申告すれば税金が控除されます。



【広告】

自費治療のオールセラミックに医療費控除が認められるケース

医療費控除は健康を回復させるための治療が目的で支払われた医療費に適用され、病気の治療を目的として自費で市販薬を購入した場合でも適用されます。

ただし、治療目的以外で行った医療行為については控除が認められません。例えば病気やケガの治療ではなく、美容目的で整形手術を受ける場合には控除の対象にはなりません。

健康保険は治療が目的の場合にのみ適用されるので、一般的に健康保険が適用されるような病気やケガの場合には医療費控除も認められます。もしも虫歯や事故などで歯の一部が欠損してしまった場合には、歯科医院で樹脂や銀歯、セラミック素材を使用して歯の欠損部分を補う治療が行われます。

銀歯やプラスチック素材で欠損した歯の部分に詰め物や被せものを装着した場合には、健康保険が適用されます。これに対して審美性が良いセラミックを使用する場合には健康保険が利用できないので、自由診療(自費治療)の扱いとなります。

自費治療でセラミックの施術を受けた場合の医療費控除については、認められる場合と認められない場合があります。

セラミック歯は医療費控除の対象!保険適用にはなるの?

控除が認められるケースとして、虫歯の治療や歯が折れたりして歯の欠損部分の補修、噛み合わせを調整する、などの治療を目的としてセラミックを使用した場合には、健康保険が適用されない場合でも医療費控除が認められます。

ちなみにインプラントも一部を除いて健康保険が適用されませんが、歯の咀嚼機能を回復するための治療であることには変わりがないので医療費控除が認められます。

医療費控除が認められないケース

控除が認められないケースとしては、単に審美性を良くする目的で歯の表面にセラミックの板を張り付けるラミネートべニアやホワイトニングといった治療の場合です。

既に歯科治療が行われていて咀嚼に何ら問題がない状態であれば、歯の機能を回復させるための治療行為とはみなされません。

ただし、金属アレルギーなどの症状を改善する目的で水銀アマルガムや銀歯などの金属材料を健康保険が適用されない他の安全な素材に交換するような場合であれば、健康を回復させるための正当な治療行為として認められるので控除が認められる可能性があります。

それまで使用していた銀歯が取れてしまったり、噛み合わせが悪くなって再び詰め物や被せものを作り直さなければならなくなった場合に、健康保険が適用されないような素材に置き換えた場合でも治療とみなされるので、医療費として税金の控除が認められる可能性があります。

一般の人が単に見た目を良くすることだけを目的として銀歯などを取り外して自由診療となる高価な素材に交換した場合には、病気の治療ではないため税金の控除が認められません。

これに対して芸能人や俳優など人前に出るような仕事をしている人が仕事のために審美歯科の治療を受けた場合には、医療費としてではなく必要経費として税金の控除が認められる可能性があります。

高額の治療を受ける場合には

セラミックを利用すると治療費自体が高額である上に健康保険が適用されないため、数万円~数十万円もの費用がかかってしまうケースがあります。

歯科治療のためにローンを組んだ場合にも治療目的であれば控除が認められます。ただし、治療費以外のローン手数料や金利については控除の対象にはなりません。

もしも高額の治療を受ける場合には領収書を保管しておき、税金の控除を受けるための手続きを行うようにしましょう。