虫歯もひどくなってしまうと大きく削って治療をしなければなりません。

大きく削ってしまうとそれだけはがなくなってしまうので失った部分を他のもので補強する必要があります。



【広告】

はじめに

従来のやり方だと銀色の詰め物をかぶせていました。

銀歯の利点は保険が適用されるので比較的安く李朝をすることができるということと、強度があるのでかみしめても割れたりといったトラブルが少ないという利点がありました。

一方で便場をしてしまうと笑ったときや口を大きく開けた時に銀色の歯が目立ってしまい見た目が悪くなってしまいそれに悩んでしまうという人もいました。

また銀歯と健康の歯の間に虫歯ができやすく、一度銀歯をかぶせてしまうと次から次へと虫歯になってしまうというリスクもあります。

さらに銀歯をかぶせたその中が年数がたつと虫歯になってしまうことがあり、最終的には抜歯をして入れ歯やインプラントといった治療をしなければならない可能性もありました。

その他にも長い年月銀歯を利用していると金属成分が溶け出してしまって、いつの間にか歯茎が黒ずんだ不健康な感じになってしまうこともありました。

金属アレルギーがある場合には銀歯治療をすることができなくて保険治療外の高い歯の治療をしなければなりませんでした。

セラミックは金属アレルギーにならないので安心して治療に使えます

銀歯自体が悪いというわけではないのですが、現在では銀歯治療とそれほど変わらない治療費でセラミックを利用した治療ができるようになってきています。

セラミックのいいところは銀歯と違っては自分の元々の歯の色と合わせて治療をしてもらうことができるということです。

ですからセラミックを利用すれば治療をした場所がわからないようになり白い歯を維持することができます。

また銀歯よりも劣化しにくい性質があるので治療をしてから再び虫歯になってしまうというリスクを軽減するというメリットもあります。

金属とは違うので銀歯では長年使っていても銀歯のように黒ずんでしまうようなこともなくいつまでも健康な白い歯とピンクの歯茎を維持していくことができます。

最後に

基本的にはセラミックの種類にもよりますが治療をするときには保険適用外のことが多いのですが、ハイブリッドセラミックといったような保険が適用されるケースも増えてきています。

ただし保険が適用されるためにはいくつかの条件があるので、例えば奥歯には適用されないなど、治療を希望するときには歯医者で確認して治療費などを事前に相談しておくとよいでしょう。