差し歯の寿命は平均すると10年ほどと言われています。セラミックを使用した差し歯の寿命もそれくらいとされていますが、20年使用していても大丈夫という場合もあります。

セラミック歯の寿命

まず差し歯の平均寿命を計測することは非常に難しいです。口腔内の環境によって全く変わってきますし、一度セラミック歯にして全く問題ないまま過ごしている人の数を計測することができないため、差し歯の寿命が10年ほどというのはあくまで”再治療に来た患者の数から推測されている数字”ということになります。

変色などがないため長く使える

何をもって寿命とするかも非常にあやふやなものです。折れたり欠けたりして使えなくなれば分かりやすいですが、色が変色して目立つために差し歯を入れ替えたいというのであればそれも寿命かもしれません。

そう考えるとセラミック治療を受けることで寿命が長くなるといった利点はあります。セラミックで治療すると気になるであろう一番の要素である見た目がとても自然に仕上がることが強い利点と考えられます。

歯は口を開けると自然に見える場所であるためその見た目を気にする人が多いです。それは歯に焦点を当てた宣伝などが周りに多いことからすぐにわかることです。人に与える印象も変わってくるため綺麗に仕上がり、金属などと違って違和感なく自然な仕上がりとなるセラミックは需要があります。

また見た目に関してその仕上がりが長く続くことも挙げられます。金属などは口の中での歯茎との関係から腐食、変色などにより見た目が変わることがあります。セラミックは素材が金属とは違い白さを保つため、変色などを起こさないという意味では寿命が長く、再治療の必要もありません。

ただセラミックという素材は強い力がかかると割れてしまうこともあるため、衝撃などには気をつけなければ数年で割れてしまう可能性もあります。通常の食事などでモノを噛む分には問題ない強度はあるため硬いものが食べられないということはありませんが、セラミックの歯を使って何かを割るといったようなことはしない方がいいでしょう。

保険の差し歯は寿命が短い?

保険が適用される差し歯はプラスチックを使用しているため変色しやすく、ある程度使っているとたった数年で不自然な色合いになってしまいます。そのため審美的な寿命は短いと言えるでしょう。

見た目は気にしないというのであれば問題ないでしょうが、前歯などで見た目が気になるということになれば短期間で入れ替える必要があるので注意すべきです。

更に保険適用の差し歯の場合金属が含まれています。そのため入れている内にその金属が溶け出してしまい、歯茎が黒ずんでしまったり金属アレルギーを発生させてしまう恐れもあります。

そして土台に金属を使っている場合、金属は歯の根っこの部分よりも硬いですから、長い間使っているとその硬い金属が歯の根を割ってしまうこともあります。

20年使用し続けて問題ない人もいる

セラミック歯は保険が適用されないため治療費は幾分高くなります。ただし見た目も自然な上に保険適用の差し歯の様にに変色してしまう心配はありません。

審美的な寿命が長いので入れ替える必要はなく、1度治療を行えば長く使えます。差し歯の寿命は10年程度と言われていますが、セラミックの歯を20年使用し続けて問題がない人が多くいるなどかなり長く使用し続ける事が可能であり、トータルコストで見るとそれ程高くはないと言えます。

これらの要素から考えられるようにコストパフォーマンスの高いセラミック素材を使った歯の治療は治療後の品質、治療の金額ともにとても良質なものと考えることができます。新たに治療を考えている際は、歯の素材についても考えると新しいことが発見できるかもしれません。

保険内?保険外?

何らかの理由で歯の治療が必要になった際に、保険適用の差し歯にすべきかセラミック歯にすべきかで迷う人は少なくありません。

単純に治療費を比較した場合は保険適用された方が安くなりますが、保険適用される物には欠点があるのでその点は十分に注意すべきです。また保険外のセラミック治療なども色々と種類がありそれぞれメリットデメリットがあるため、そういった点をしっかりと理解した上で自分に合った治療法を決めるようにするべきでしょう。