セラミック歯治療は審美治療となり保険適用にはなりませんが、医療費控除の対象になります。



【広告】

セラミック歯治療は医療費控除の対象になる

オールセラミックやジルコニアを使用したセラミック歯治療は医療費控除の対象になります。

一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものであったり医療費控除の対象外になる治療はもちろんありますが、基本的に生活に絶対必要となる歯の欠損や機能の治療を目的とする歯科治療であれば自費診療であっても医療費控除の対象になります。

金やセラミックなどの質が良い素材とされる上部構造の材料でも、これらは一般的に使用されると考えられる材料となるため医療費控除の対象に含まれます。

医療費控除とは?

医療費控除とは、自分自身や家族のために1年間で10万円以上の医療費を支払った場合に支払う税金の控除を受けることができる制度です。自分で確定申告を行わなければ控除を受けることができないため、申請の際に必要になる領収書はしっかりと保管しておきましょう。

医療機関へ通うバスや電車などの公共交通機関にかかった交通費も対象となります。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、国税庁のホームページで以下のように書かれています。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補填される金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

このように控除される金額上限は200万円とされていますが、実際に控除される金額は所得やかかった医療費の総額によって変わってきますので、詳しくは最寄りの税務署などに相談するのが一番でしょう。

保険適用の治療にはないメリット

差し歯や詰め物といった治療を受けなければならない時に、保険適用の治療を選択する方もいらっしゃいます。しかし最近は保険適用外となる歯科治療を選択する方々も増えてきました。

保険適用の治療ですと差し歯などにプラスチックや金属が使われており品質はそれほど良くありません。プラスチックは比較的すぐ変色してきますし、金属はアレルギーに悩まされる可能性もあります。そうなるとメンテナンスに費用がかかってしまいますし、保険適用といっても長い目で見れば決してお得な治療とは言えません。

セラミック治療の場合は素材が陶器ですので変色せず汚れにくいといったメリットがあります。オールセラミック治療であれば金属類は一切使われていないためアレルギーの心配もなく、一度治療を受けてしまえば綺麗な状態で長く使うことができるため安心して過ごすことができます。

セラミック歯の費用

セラミック歯治療は自費診療となるため歯科医院により治療費が異なります。一般的には1本につき13万円前後です。口腔内の状態により治療経過が変化することもあるため、その過程によってはさらに治療費が前後することがあります。

セラミックの差し歯本体料金以外にも治療に伴う検査費用として別途治療費が必要になることもあるため、歯科を決めるときにきちんと見積もりを出してもらってカウンセリングを受けた方が安心です。またカウンセリングを丁寧に行ってくれる歯科はセラミック歯の品質も高い傾向にあります。

このように治療する本数によってはかなり高額になってしまう保険外のセラミック治療。医療費控除の対象となる分はきっちりと確定申告をして、その分支払う税金を安くした方が賢いと言えます。