審美歯科では様々な治療が行われています。

その中でもセラミック治療に使われるジルコニアクラウンと通常のセラミッククラウンの違いについて。

審美歯科治療

一般的な歯科とは違い、審美歯科では虫歯などの治療の他に、審美性の高い治療を行っているという点が特徴としてあります。

例えば歯を白くするホワイトニングや、銀歯を他の素材に変えるといった治療です。

虫歯などで歯を削ったりした際、削った所に補綴物と言われる詰め物をする必要があります。一般歯科では保険が適用される、銀歯を使用するケースがほとんどです。ただ、銀歯は歯の色と大きな差があるので、口を開けた時に目立ってしまいます。銀歯がコンプレックスで、笑えないという方も多いようです。

このような歯の見た目を改善するのが、審美歯科治療の役割です。

目立たない補綴物にする事によって、自然な口元を演出します。銀歯に変わり審美歯科で使われる補綴物としては、セラミッククラウンやジルコニアクラウンが一般的です。それぞれのクラウンには違いがあるので、チェックしておきましょう。

クラウン|セラミックとジルコニアの違い

セラミッククラウン

「セラミッククラウン」は陶器で作られています。

金属を一切使用していないので光を通す性質があります。また、色を自由に変える事が出来るので自分の歯と同じ色の補綴物を作る事が可能です。

全く金属を使用しないオールセラミッククラウンは、透明感やツヤ感、そして生まれ持った歯と違いが分からないほど自然で綺麗な同じ色に調整できるなど、審美性に優れています。口を開けた際に目立つ、前歯に使用するのがおすすめです。金属を全く使用していないため、金属アレルギーを持つ方も安心して治療出来ます。

金属で歯茎が黒ずんでしまうというトラブルも起こることがなく、変色を起こさないので歯の白さをキープ出来る点も魅力です。

ジルコニアクラウン

もう1つ、審美歯科でよく使用される補綴物「ジルコニアクラウン」は、ダイヤモンドの代用品として使われる素材で作られている事からとても強度に優れています。

しかも、ただ硬いだけでなくしなやかで、衝撃を吸収する作用にも優れているのが特徴です。セラミッククラウンのような透明感は無い為、前歯に使用するのには不向きと言われています。ですがジルコニアクラウンであればかなりの強度があるので、セラミッククラウンだと欠けてしまう奥歯やブリッジ治療に使っても、欠けてしまうという心配はほぼありません。

歯ぎしりをするのがクセ、スポーツをしていて歯を食いしばる事が多いという方に、ジルコニアクラウンはおすすめです。

ジルコニアの強度と通常のセラミックの美しさを併せ持つクラウン

また、審美歯科によってはジルコニアのフレームにセラミックを焼き付けたクラウンも使用しています。

IPS e.maxとは

このタイプのクラウンは強度があり、しかも天然の歯のようにツヤや透明感があります。ですので前歯に使用しても自然な美しさのまま強度を確保することができるのが特徴的です。

このように、審美歯科で使用されるクラウンには、見た目や向いている箇所に違いがあります。まずは審美歯科を受診して、自分のケースではどちらのクラウンが向いているのかを、医師に相談する事から治療を始めてみてはいかがでしょう。