目立つ前歯を何本か部分矯正したいという多くの方に選ばれている審美歯科のクリニックがあります。

歯並びやかみ合わせの治療を希望する方の多くは、笑顔に自信を持ちたい・見た目をきれいにしたいという理由をあげています。



【広告】

一般的な矯正治療方法とは

審美歯科では、前歯も含めて歯並びやかみ合わせを正す矯正治療をしています。

審美歯科の矯正治療には、いろいろな方法があります。一般的によく知られている矯正治療の方法は、歯の表面にワイヤやブラケットといった器具を装着することで力を掛け、少しずつ歯を動かすやり方です。

器具を装着する矯正治療では、数か月から何年単位といった期間が必要になることが多くなります。その間、歯の表面に矯正のための装置が付いていることに抵抗感のある方も少なくないようです。

安い費用で前歯の部分矯正治療を行う審美歯科クリニック

多くの方に選ばれている審美歯科クリニックでは、短期間の矯正・部分矯正治療を行っています。

その治療の中心になっているのが、オールセラミック治療です。

オールセラミック治療では、元々の歯を土台にして審美面で優れたセラミックの被せ物をします。患者さんの口の中の状態にもよりますが、最短なら2回の通院治療で部分矯正治療が完了します。

仮歯もすぐに入るので、治療中といっても食事や見た目も問題なく多くの方が安心して治療を受けています。安い費用でセラミックの部分矯正治療が受けられるという点は大きな魅力だと言えます。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用

保険治療と自費治療について

歯科医院で治療を受けるとなると、保険治療か自費治療かを選択するシーンがあります。

これは、健康保険制度の仕組みによるものです。

日本は世界的にも有名な皆保険の国です。健康保険証を提示して、歯科医院でも低負担で治療が受けられるという大きなメリットがあります。

ここで、健康保険の治療にはいろいろな制限があります。それは、健康保険の制度では歯科医院での治療を健康回復と機能回復を目的とするものと位置付けているからです。

このガイドラインによって、見た目をきれいにしたい・快適で違和感のない治療を受けたいというケースでは審美性を追求する治療なので健康保険適用外の自費治療になります。

自費治療では、費用の全額が患者さんの負担となり保険適用の治療と比べると一般的に高額です。自費治療の費用についてはクリニックが独自で設定でき、その内訳は材料費や検査料金に技術料が加算されています。

技術料というのは施術料金的な費用で、自費治療の料金の中で高い割合を占めるものです。この技術料ですが、多くの審美歯科では、治療する歯の本数に応じて1本単位で加算しています。

技術料を一律化=信頼と実績がある

その点、部分矯正で多くの方に選ばれる審美歯科クリニックでは、技術料を一律化しています。一律化というのは、歯を何本治療しても技術料は一定というシステムです。

技術料一律化の実現にはしっかりした理由があります。それは信頼と実績です。

こちらの審美歯科クリニックは、オールセラミックの治療症例数で日本一の実績を持っています。実績日本一なので、歯科医師も技工士の先生も国内トップの経験者ということになります。

見た目をきれいにするための矯正治療ですから、確実な技術のあるクリニツクにお願いしたいと考えるのは当然です。技術料の一律化はこの実績の多さと信頼度の高さの上に成り立っています。

安い費用をうたっている審美歯科クリニックは他にもありますが、セラミックの被せ物機械化で大量生産するなどでコストを抑えているので、技工士さんの職人技によるオーダーメイド治療とは根本から異なるものです。

目立つ器具を着ける必要がなく、短期間で安い費用の確かな治療が受けられるので、結婚式や就職活動などの予定に合わせて目立つ前歯を何本か部分矯正したいという方に選ばれています。