矯正の治療を受けることで、歯並びを整えることができます。



【広告】

前歯の部分矯正にかかる治療期間

歯、全体を整えたい場合には、全体の歯に矯正装置をつけて治療を行いますが、前歯だけの歯並びを整えたい場合には、部分矯正を行うことができます。

一部分だけ矯正を行うため、費用や治療期間をおさえることができるのが特徴です。

また、矯正の際に生じる痛みをおさえることもできます。

ブラケット矯正

治療方法は幾つかありますが、一般的なのはブラケット矯正です。

歯の表面に、ブラケットと呼ばれているものを装着して、ワイヤーでつなぎ、徐々に歯の位置を変化させ、整えていく方法です。

装置に使われる素材は、金属製のメタルブラケットが主流ですが、金属を使用しないものもあります。装置が目立つという点に抵抗があるという際には、審美的に金属製のものを使用しない場合があります。

また、装置に使う金属に身体が反応してしまう金属アレルギーの方の場合になどに用いられます。ただしそういったものは、金属製のものと比べると費用が高くつくのが一般的です。

治療期間は、歯の状態によっても個人差がありますが、およそ3ヶ月から1年ほどが平均となっています。

リンガルブラケット

歯の表面に装置をつける治療方法に抵抗がある場合には、リンガルブラケットと呼ばれている方法がおすすめです。

歯の表面ではなく、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して行う矯正方法です。

表面からは装置が見えにくいのが特徴です。舌に近い場所に装置があることによる違和感や、通常のブラケット矯正と比べると歯を動かすのが難しい場合があるため、希望する場合には、自分の前歯の状態に合う方法かどうかを相談しましょう。

治療期間は、一般的に半年から2年ほどです。

マウスピース

また、矯正には、マウスピースを装着する方法もあります。

透明、もしくは半透明な素材でマウスピースが作られるため、装置が目立つことはありません。

取り外しを行うことができるため、ケアをしやすいのも特徴のひとつです。金属は使われていないため、金属アレルギーの場合でも安心して治療を受けることができます。

ブラケットと比べると、歯を動かす力は弱いため、前歯の歯並びのくずれがひどい場合には、治療を行うことが難しい場合があります。

治療期間は一般的に1年から1年半ほどとされていますが、取り外しができることから、個人差が大きくなっています。

セラミック矯正

矯正と言ってもこちらは差し歯治療の一種で、歯を削りその上にセラミック冠を被せることで歯の形を理想の形にすることができるという治療。

なんと言っても費用が安いのがセラミック矯正の魅力だと言えます。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用

まとめ

部分矯正は、どの方法を使用した場合でも一般的に半年から2年以内に治療が完了するため、短い期間で完了へ導くことができます。

出っ歯の場合や受け口の場合には、部分矯正では治療ができない場合もあります。口腔内をチェックしてもらい、自分にあった治療方法を相談しましょう。

歯並びの状態によっては、全体の矯正を行う方が美しい仕上がりになる場合がありますので、費用との兼ね合いで美しく歯並びを整える方法を選びましょう。

また、部分矯正を行う場合には、全体矯正と比べると、歯を削る量が多くなる場合もあります。

そのため、削られた歯の内部の象牙質が反応し、しみやすくなる可能性もあります。健康な自分の歯を保つために、なるべく歯を削らずにすむ方法を探しましょう。

前歯の部分矯正は、2本から3本など、少ない本数の治療も可能なため、過去に行った矯正の後戻りでお悩みの方にもおすすめの方法です。

矯正を行っている歯科では、完成までにかかる費用や、期間、仕上がり具合などをカウンセリングで知ることができます。症例数が多いところでは、サンプルとして写真なども見ることも可能なところがありますので、参考にすると良いでしょう。

矯正中は虫歯にならないように気をつけることがポイントです。日々の歯磨きをきちんと行い、清潔な口内環境をキープすることが大切です。