抜けてしまった歯には一般的な方法として近接する歯を土台にして人口で出来た歯を渡します。この治療法をブリッジと呼びます。ブリッジという治療も大きな意味で言えば差し歯の仲間に入ります。

費用に関しては保険適用範囲内かそうでないかで大きく変わってきます。抜けてしまった歯の本数や素材によって保険がきかないブリッジもあります。



【広告】

ブリッジとは?

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り、それを土台にして作る歯のことです。

もともと差し歯の人が、その差し歯を支えにしてブリッジを入れることも可能ですが、その場合は差し歯にしている歯の土台がしっかりとしていることが条件です。

ブリッジの費用

費用については、保険適用内の診療を選ぶか自費診療を選択するかで大きく違ってきます。

保険適用のブリッジの費用と条件

費用の目安は、保険適用の範囲内でする場合は前歯1本あたり大体治療総額が1万円から2万円くらいです。

費用の内容は診断料が2500円から3500円、ブリッジをかける歯の処置費用が3500円から5000円程度です。メンテナス費用が千円から3千円ほどになることが多いです。

診断料や歯の処置費用は、保険外の費用に比べ10分の1となり安くなります。費用に幅があるのは歯医者によって違ったりもしますが、主には素材による違いです。

保険適用となる条件

ブリッジの治療で保険適用になる場合の条件は以下のようなものがあります。

  • 1本または、連続した2本の歯の治療であること
  • 前歯の1番目と2番目
  • 連続して最高4本まで保険適用
  • 支台となる歯に問題がない
  • 両側に歯のない一番奥の歯5番目、6番目を支台にし延長ブリッジにする

などです。

ブリッジで保険適用の白い素材の歯を使えるのは1番目から4番目までで、奥歯は銀歯になります。

保険適用外(自費診療)のブリッジ

自費診療の場合は、使う材質にもよりもすが15万円から30万円くらいです。

素材による目安は、ハイブリッドセラミックで5万円くらい、メタルボンドは8万円から10万円くらい、ゴールドは10万円、オールセラミックは12万円くらいです。

これも歯科医院によって費用のばらつきがあるため、きちんと確認する必要があります。

ブリッジの寿命

ブリッジの寿命は平均8年と言われていますが、これは歯科医の技術的なものや、患者さん自身の口腔内の状態で大きく変わってきます。

土台となる歯が虫歯になってしまうとダメですし、逆に土台の歯さえしっかりケアできていればブリッジが数年でダメになることはありません。20年以上何事もなくそのままのブリッジということもあります。

長く維持するためには、正しい歯みがきは大変重要です。歯周病のリスクを減らし、口腔内の状態を良くすること。それによって寿命に大きな違いが出ます。