歯科治療で使われるセラミックには、いくつかの種類があります。



【広告】

ブリッジ治療等に使われるセラミックとジルコニアの種類

強度や表現できる色調が異なり、適した部位に使用することで、費用を抑えることもできます。

おおまかに分けて、強度に優れたジルコニア、審美性に優れたアルミナ、強度と審美性をそこそこ兼ね備えた二ケイ酸リチウムといった種類があります。

どれも素材自体の色が白く強度があるので、従来では金属を使用して治療しなければならなかったケースでも、これらの素材を使用し金属無しでの治療が可能になりました。

そのため、金属アレルギーの人でも安心して治療を受けられます。

ジルコニアの特徴

数ある素材の中でも特に注目を集めている素材がジルコニアです。

ブリッジや奥歯の強い力がかかる部分等の強度が必要となる部分に向いているのが特徴で、ダイヤモンドの代わりとして使われるほどに硬く、透明感のある素材です。

従来のセラミックでは、奥歯の被せ物に使用すると欠けてしまうことが多々ありました。この素材にすることで欠けてしまう可能性を軽減できるので、噛み合わせの負荷がかかる奥歯の治療に適していると言えます。

以前はチョークのように白いだけで透明感が表現できなかったのですが、今では高透過性の審美性の高いものとなっています。

銀歯の場合は5年も経てば劣化してしまい、歯との間に隙間が生じ、その隙間から虫歯ができてしまう危険性が高いのですが、ジルコニアの場合は耐久面でも優れているので、虫歯再発のリスクを軽減することにも期待できます。

差し歯や被せ物にジルコニアを選ぶときのメリットとデメリット

ジルコニアのメリット

ジルコニアは、変色したり劣化を起こしたりしないという特徴があります。

口の中は酸性、アルカリ性といった様々な環境の変化が起こるのですが、ジルコニアは安定した素材である為、口内の環境変化にも耐えることができ、長期間安定した状態で機能してくれるのです。

金属アレルギーを起こさないという点でも体に優しい素材と言えますが、金属よりも軽いという点も嬉しいメリットです。

大きなブリッジ治療等では、金属の量が多くなるので左右のバランスが悪くなってしまいます。ジルコニアは金属の約3分の1の重さで作ることができ、左右のバランスを崩すことなく過ごせます。

そして、金属を加工する際には、溶かして形を作りますが、ジルコニアを使用して被せ物やブリッジにする場合、3Dプリンターのようにコンピューター上で設計を行い、素材の塊を機械で削って形を作っていきます。

そのため、変形が起こらずに精度の高い歯ができるのです。

ジルコニアのデメリット

ジルコニアにはもちろんデメリットもあります。

強度が高い為、奥歯の治療には適しているのですが、今までのセラミックより透明感が少ないので、前歯には適していません。なので、前歯の治療に使用する際は、表面に透明感のあるセラミックを使用した素材を使うのがおすすめです。

また、ジルコニアには強度の高いというメリットがある反面、それが仇となることもあります。歯よりも硬いので、噛み合う歯が割れたり、傷つけてしまう可能性があるからです。

そのため、噛み合わせをしっかりと調整し、素材をよく磨いて噛み合う歯を傷つけないようにすることが重要となってきます。

最後に、費用面では従来のセラミック素材よりも高くなってしまうことです。被せ物を作成する際、歯科技工士が調整を行うのですが、素材が硬い為に時間がかかってしまいます。

なので前歯に使用する場合には更に時間がかかり、費用も高くなる可能性があるのです。また、ジルコニアは保険診療の対象になりません。

まとめ

ジルコニアは優れた素材であることは確かなので、新たに虫歯ができないようにしっかりと治療した方が自分の歯を残せる可能性が高くなり、安心できます。

強度が高く、ブリッジ治療等に適しているので、これから更に注目を集めることになりそうです。