ブリッジやジルコニアセラミックそれぞれの種類と特徴について説明します。



【広告】

ブリッジやジルコニアセラミックの種類と特徴について

ブリッジ

まずブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り、台とし両方から圧迫し支える治療法です。

治療を受けるにあたって気になるのがメリットとデメリットです。ブリッジのメリットをあげると、手術が必要ないので短時間で治療が終わるところです。

比較の対象に上げられるインプラントは歯のなくなった箇所にネジを埋め込むので、相当な時間が掛かりますし治療する病院によっては、何度か通院する可能性があります。他には、違和感を感じない自然な噛み心地を得ることができます。

デメリットは両隣の歯を削らなくてはならないため、歯が健康状態にあってもお構いなしで削らなくはなりません。さらに両隣で圧迫してブリッジを支えるので他の歯にも負荷が掛かってしまったり、ブリッジを支える台が虫歯になると健康な歯にまで被害が及ぶというデメリットがあります。

よく並べられるインプラントよりも治療費が安いのですが、それは保険を適用した場合のみなので、急遽の治療や保険証を持たない人は高額な治療費が掛かってしまいます。

ジルコニアセラミック

次にジルコニアセラミックの特徴です。

ジルコニアとはセラミックのことで、セラミックのなかでも頑丈な素材だと言われています。白く透き通るような透明感もあるので汚れが目立ちにくいという、まさに義歯ぴったりな素材なのです。

通常のセラミック素材をかぶせ物に使うと、強度があまりないため強い力が加わったときにヒビが入ってしまったり、欠けたりしてしまうことが多々あるようです。

ジルコニアセラミックは歯のなかで一番力のかかると言われる奥歯に使用しても問題ないほどの強い強度をもっています。その強度を評価されインプラントやブリッジでも導入されているのです。

ジルコニアブリッジとは?

白い金属と呼ばれるほど白く透明感のあるセラミックなので、外から見ても義歯だと判別できないほど、自然の歯とそっくりです。

なので治療者の中には周りの目を気にして口を開けることに抵抗が出てしまう方がいると思いますが安心してください。笑ったり歌を歌ったり口を大きく開けるような動作をとっても全く問題ありません。それほど本物の歯に近いです。

色が変わりにくいのも特徴の一つで、色素の強い食べ物を口に含んでも、色が移ったり汚れたりする心配はいりません。

とは言っても一応、口の中にあるものなので、汚れないからといって歯を磨くことやデンタルケアを怠ってはなりません。ジルコニアセラミックはある程度の強度があるので、一々補強する必要がないありません。

補強には大抵金属が用いられますので金属アレルギーの方は治療ができませんでしたが、金属補強を必要としないジルコニアセラミックなら金属アレルギーの方でも気軽に安心して治療を受けられるのです。

それにアレルギーを持っていない方でも、常に粘膜に金属がくっ付いている状態であれば、突然の金属アレルギーを発症してしまう可能性はゼロではありません。

最後のメリットは保険がしっかりしているところです。保険を適用すれば通常より安く治療を受けられますし、治療を受けてから起きてしまったトラブルに対してちゃんと保険を儲けているところもたくさんあります。

次にデメリットは、強度が強いのは先ほどにも説明しましたが、強度が強すぎるが故に表面にかぶせるセラミックが割れてしまうことがあります。

特に歯ぎしりが激しい人や奥歯を強く噛むクセのある人に起こりやすいです。治療に用いてからまだ12年しか経っていないので治療データが少ないため、治療後のトラブルに物理的な対処ができない場合があることもデメリットの一つです。

これらのメリットとデメリットを参考にして治療を受けてください。