ブリッジやジルコニアは前歯に向いていない場合がある

著者:元歯科助手

ブリッジは保険適用になるのがメリットですが、周辺の歯にも負担をかけてしまいます。

保険治療は価格が安いというメリットがありますが、理想を追求したい方にとっては向いていないのです。保険治療と保険外治療の自由度が同じだとするなら、後者は不利になってしまうでしょう。

こうした不公平が生まれないように、保険外治療は保険が使えない代わりに自由度が高くなっています。保険適用の治療はあくまで不具合を治すことを目的としているので、美は除外されています。

今よりも前歯を美しくするような状況においては限界があるため、そうした場合はジルコニア、オールセラミックなどの方法がおすすめです。保険が使えない治療には相応のメリットがあります。

前歯2本でたった10万円!?セラミック矯正にかかる費用



【広告】

ブリッジやジルコニアは前歯に向いていない場合がある

ジルコニアセラミックは非常に硬いのが特徴であり、その理由は人工ダイヤモンドであるためです。

そのため奥歯用として使用されることが多く、強く噛み締める状況において最適でしょう。

また前歯をジルコニアにするのは向いていませんが、これは周辺の歯にダメージを与えてしまうためです。すべてジルコニアにすればよいですが、現実的にはオールセラミックと使い分けることが多いでしょう。

金属にも宝石にも言えることですが、柔らかいほうが傷つくという性質があります。特に噛み合わせに問題がある方だと、非常に歯が傷つきやすくなります。

天然歯にも言えることですが、噛み合わせの悪化によってボロボロになってしまうケースは多いでしょう。

いずれにしても審美歯科治療は難易度が高いので、信頼できる歯科を選ぶことが大切となります。どこも同じだとは考えず、よく比較検討をしてみましょう。

比較をするのが大事!

比較することでよい点・悪い点が見えてきますので、まずは比較をしてください。

透明感を求めるような状況においては、オールセラミックが最も適しています。歯は頑丈で傷つきにくい状態が好ましいですが、これだけでは不十分でしょう。

審美性に大きく関わってくる問題なので、透明感のある素材がおすすめです。歯がくすんで見える状態は避けたいので、透明感は追求してください。特に明るい場所ほど素材の品質がハッキリと表れますから、少々高くてもよい素材を使用したほうがいいわけです。

おすすめはオールセラミックの前歯

最近はブリッジからオールセラミックの前歯に乗り換える方が増えており、その理由として審美治療の低料金化があります。

以前より格段に安くなっているので、治療をするなら今がおすすめです。正確には料金が下がったというより、適正料金になったと考えるのがよいでしょう。

以前は治療を希望する方の多くは富裕層でしたが、現在は一般層がターゲットになってきています。それにより歯科側としても大幅なコストダウンを図ったわけです。

品質においても10年前より向上していますから、インプラントを検討している方も考えてみましょう。金属アレルギーのリスクをなくすために、オールセラミックにするケースも増えています。

アレルギー体質で金属歯は向いていない方も、審美治療を検討してください。ブリッジは周辺の歯に負担をかけるので、ずっと使い続けるには適していません。

人間の歯は天然歯に勝るものはなく、オールセラミックは天然歯に極めて近い状態を作り出すことができます。

他の治療法が向いていない方からも人気が高く、ブリッジから乗り換えるケースは多々あります。前歯を綺麗にすることは容姿を瞬時に変えてくれますから、美容治療の一環としても活用してください。歯並び・噛み合わせも整えることができるので、健康維持のためにも役立つはずです。

健康は口からと言われるように、歯を整えていくことは非常に大切となります。全身の骨格を調整するためにも早期の治療をおすすめします。

歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由

私は歯科助手として勤務していたときにオールセラミック治療を受けましたが、自分が働いていた医院ではなく他院で治療を受けました。

元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由 元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由
【広告】

ジルコニアブリッジが前歯が向いていない理由とは

ブリッジ

著者:元歯科助手

歯科治療で用いられるジルコニアは、人工ダイヤモンドの一種でとても強度があり、優秀な素材として幅広く用いられています。

しかし、この素材にはメリットも多いのですが、デメリットも存在しているので、歯科治療の際には失敗しないように、デメリットや注意点についても抑えておくのが良いでしょう。



【広告】

ジルコニアブリッジが前歯が向いていない理由とは

前歯のブリッジ治療では、おすすめできないものとなっています。

歯科医でも、ジルコニアによる前歯のブリッジや、クラウンは向いていないと言う事で、対応していない傾向があります。

この理由について探っていきましょう。

透明度が不十分な素材

まず、ジルコニアは単体では透明感が充分ではない素材となります。

人間が自然に持つ歯では、真っ白というよりも少し半透明感のあるものですが、こう言った色合いは、この素材だけでは出すことは出来ません。

無理に作った場合には治療したのがすぐに分かるような、審美的には良いとは言えない結果になってしまうリスクが考えられるわけです。

歯科では、自然に見えるように治療することが目標となっているので、この点で、この素材が前歯には使いにくい理由の一つとなっています。

強度が強すぎる

また、その強度にも理由があります。

強度が高ければ高いほど、その人工歯自体は丈夫になりますが、やはり、他の自然な歯との兼ね合いがあるわけです。

余りにも硬く、強度のある素材で作られた歯は、噛み合わせている他の歯に大きな負担を掛けてしまい、自然歯がへの影響が心配されます。

この為、奥歯に比べて薄く、耐久性も高くはない前歯で使うと、やはり、リスクが大きくなってしまう、と言う懸念もされています。

この点、ジルコニアは高強度な割には他の歯への影響は少ないとされますが、適材適所で用いていくことが好ましいでしょう。噛み合わせの処置など、歯科医の技術によるところも出てくると考えられますので、しっかりと丁寧な治療を行ってくれる歯科医を選んでいくことも大切になります。

金銭的な負担が大きい

保険非適用ということもあり、金銭的な部分でも負担が大きくなって来るのも、デメリットの一つです。

同じ保険非適用の自費治療の中でも、高い部類になります。保険適用のものに比べると差は歴然です。

ただし、保険適用の治療では、 前歯のブリッジは硬質レジンが利用されることになるので、審美的にも余り良いものではありません。経年劣化もあるので、この点も心配でしょう。

まとめ

これらのことを総合しますと、奥歯にはジルコニアが使われるケースが多いのですが、前の方では向いていないことになります。

歯科医でも、この素材を使うには奥歯が適していると考えられており、大臼歯などでの適性のほうが高いとされるのが普通です。

こう言った理由で、この素材単体では、前歯のブリッジ治療と言うのはおすすめできません。

ただし、セラミックをミックスして使うジルコニアセラミックスと言う素材としては、幅広く利用されているので、こちらの方は治療の際の選択肢になるでしょう。

通常のセラミックと同様、自然な透明感が得やすいなど、目立つ部分でも使いやすいような特徴を持っています。こちらの方では、対応している歯科医も多く、一般的な処置となっています。

歯科の自費治療は全体的に割りと高価になりやすいものですが、ブリッジでは更に、多くの費用が必要となって来るでしょう。

この為、せっかく作ったのに失敗して後悔するということは、出来るだけ避けたいものです。ブリッジの部分によってもそうですし、本数によっても、適した材料と言うものは変わってきます。

色々な選択肢があるので、どういった方法が好ましいのか、予め調べておくと良いでしょう。その上で、しっかりと相談できる歯科医を探していくことが、望ましいのではないでしょうか。

歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由

私は歯科助手として勤務していたときにオールセラミック治療を受けましたが、自分が働いていた医院ではなく他院で治療を受けました。

元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由 元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由
【広告】

ページの先頭へ