歯科治療で用いられるジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれているほど強度があり、優秀な素材として幅広く用いられています。

しかし、この素材にはメリットも多い反面デメリットも存在しているので、歯科治療の際には失敗しないようにデメリットや注意点についても抑えておくのが良いでしょう。



【広告】

ジルコニアブリッジが前歯が向いていない理由とは

ジルコニアは前歯のブリッジ治療にはおすすめできないものとなっています。

透明度が不十分な素材

まず、ジルコニアは単体では透明感が充分ではない素材となります。

人間が自然に持つ歯は真っ白というよりも少し透明感のあるものですが、こういった色合いはジルコニアだけでは出すことは出来ません。

つまり少し不自然な、審美的には良いとは言えない結果になってしまうリスクが考えられるわけです。

審美治療では自然に見えるようにすることが目的となっていることが多いと思うので、この点でジルコニアが前歯に使いにくい理由の一つとなっています。

強度が強すぎる

強度にも理由があります。

強度が高ければ高いほど、その人工歯自体は丈夫になりますが、やはり他の自然な歯との兼ね合いがあるわけです。

余りにも硬く、強度のある素材で作られた歯は、噛み合わせている他の歯に大きな負担を掛けてしまい、自然歯がへの影響が心配されます。

この為、奥歯に比べて薄く、耐久性も高くはない前歯で使うとリスクが大きくなってしまうと言う懸念もされています。

ジルコニアは高強度な割には他の歯への影響は少ないとされますが、適材適所で用いていくことが好ましいでしょう。

噛み合わせの処置など、歯科医の技術によるところも出てくると考えられますので、しっかりと丁寧な治療を行ってくれる歯科医を選んでいくことも大切になります。

金銭的な負担が大きい

保険非適用ということもあり、金銭的な部分でも負担が大きくなって来るのもデメリットの一つです。

同じ保険非適用の自費治療の中でも高い部類になります。保険適用のものに比べると差は歴然です。

ただし、保険適用の治療では前歯のブリッジは硬質レジンが利用されることになるので、審美的にも余り良いものではありません。経年劣化もあるので、この点も心配でしょう。

こういった場合はジルコニアを使用したブリッジにすることで、強度を保ちつつ白い歯にすることができます。

まとめ

これらのことを総合しますと、大臼歯など奥歯にはジルコニアが使われるケースが多いのですが、前歯にはあまり向いていないことになります。

こう言った理由で、この素材単体では前歯のブリッジ治療と言うのはおすすめできません。

ただし、ジルコニアの上にセラミックをミックスして使うジルコニアセラミックと言う方法は幅広く利用されているので、そちらであれば審美性も強度も併せ持った治療ができます。

通常のセラミックと同様、自然な透明感が得やすいなど、目立つ部分でも使いやすいような特徴を持っています。対応している歯科医も多く、一般的な処置となっています。

歯科の自費治療は全体的に割りと高価になりやすいものですが、ブリッジでは更に多くの費用が必要となってしまいます。せっかく作ったのに失敗して後悔するということは、出来るだけ避けたいものです。

ブリッジの部分や本数によっても適した材料と言うものは変わってきますし、色々な選択肢があるので、どういった方法が好ましいのか予め調べておくと良いでしょう。その上で、しっかりと相談できる歯科医を探していくことが望ましいのではないでしょうか。