歯科医院での治療には、必ずしも保険が適用されるとは限りません。

そのため、治療費を全額自己負担する羽目になり、費用の面から受けたい治療を受けられない人も少なくありません。



【広告】

医療費控除の対象になる可能性もある自由診療

一般的に保険が適用されないのは、歯科医院で自由診療となっている治療です。

医師が自由に料金を決められる自由診療の治療だと、治療費が高くなると思っている人も多いでしょう。

しかし、保険適用により医療費控除を受けられるかは、自由診療であるかどうかは関係ありません。保険が適用されないケースがある一方で、自由診療でも保険が適用される治療もあります。

ですから、自由診療で治療費が高額になると思い、最初から受けた治療を諦める必要はありません。

保険適用の対象になる具体例

たとえば、事故や病気で歯を失った場合、食事のたびに食べ物を上手く噛むことができずに、日常生活に大きな悪影響を及ぼします。

また、上下の前歯が噛み合わないと食べ物を前歯で噛むことができなかったり、歯を食いしばれないので力を思い切り入れることもできません。

このように歯に問題があり日常生活に支障をきたす恐れがある場合には、自由診療の治療を受けても保険は適用されます。

食事中に悪影響を及ぼす失った歯を取り戻すため、噛み合わせが悪く日常生活に支障をきたすなど、健康的な生活を取り戻す目的で治療を受けるなら、自由診療でも全額自己負担を強いられる可能性は低いでしょう。

オールセラミックやジルコニアクラウン、ブリッジの治療は医療控除になる?

オールセラミックの治療を受けても、医療費控除を受けられる可能性は高いです。

しかし、医療費控除が受けられる可能性があるオールセラミックの治療でも、場合によっては受けられないケースはあります。

セラミック歯は医療費控除の対象!保険適用にはなるの?

医療費控除で難しいのは、同じ治療であっても必ずしも適用されたりされなかったりするケースがあることです。

たとえば、入れ歯と同じく一般的なブリッジは、目的や方法によっては適用されない場合もあります。

このようにケースバイケースになる部分もあるので、これから受ける治療が控除の対象になるかは、医師に相談して確認しておくと良いでしょう。

控除の対象になったら受けられる優遇

もし控除の対象になるようなら、治療費だけでなく様々な費用も、負担軽減の優遇を受けることができます。

歯科医院やクリニックに通院するときの交通費も対象になりますし、高額な費用を払うためにローンを組んだ場合でも対象になるのです。

ただし、交通費については電車やバスなどの交通機関を利用した場合のみです。マイカーで通院した場合のガソリン代、駐車場代は、控除の対象になりません。

また、基本的に対象になるのは患者本人の場合だけで、付き添いの交通費も対象になるかは患者が一人で通院できない子どもなどの場合だけです。

オールセラミックやジルコニアクラウンを使った被せ物、ブリッジなどの治療を歯科医院やクリニックで受けるときに大切なのは、事前に控除の対象になるのか確認しておくことです。

事前に確認してから治療を受ければ、経済的な負担の軽い治療を選べます。