歯を失った際の治療にはいくつか種類がありますが、根本部分が残っていない場合には、ブリッジやインプラント治療が行われるのが一般的です。



【広告】

ジルコニアのブリッジ治療

ブリッジ治療とは、歯を失った部分に義歯を装着し、左右の歯によって支えるというものです。

入れ歯とは異なり、取り外してメンテナンスをする必要がないため、まず最初に検討される治療方法でしょう。

通常、保険適用内で治療を受ける場合には、使用される素材が限られており、金属で作られた土台に、レジンというプラスティックを被せることになります。レジンは白い素材ではありますが、セラミックのような透明感はないため、やや見た目に違和感を覚える方もいるでしょう。

また、裏側部分は金属が見える状態になっているほか、時間の経過によって成分が溶け出し、歯茎の色を変化させてしまう場合もあるといわれています。

より見た目にこだわって歯を治すをするのなら、自費診療でセラミックやジルコニアを使用した治療を選ぶ必要があるでしょう。

セラミックやジルコニアは、素材にやや透明感があり、自然の歯とよく似た白さを表現することができます。セラミックの場合、それほど強度が高くないため、土台に金属を使う必要がありますが、ジルコニアであれば金属を使わずにブリッジ治療を行なうことも可能です。

ジルコニアブリッジとは?

従来の素材よりも高い強度を持っているため、単独素材で治療に用いることが可能なのです。

また、セラミックは見た目についても本来の歯によく似た質感をもっているため、目立ちにくいといった特徴を持っています。

費用は意外と安い?

保険適用外の素材を用いた治療は、自費診療となるため費用が高くなるのでは、と不安に感じる方が多いでしょう。

保険が適用される場合、負担額は数割程度のものとなりますが、適用外の場合は全ての治療費を自分で負担しなくてはなりません。

しかし自費診療の治療費というのは一定でなく、その治療を提供するクリニックによって大きな差があります。安い費用で自費診療を治療を受けたい場合には、良心的な価格設定を行っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

低価格なクリニックとそうでないクリニックでは、ジルコニアによる歯の治療費に倍以上もの開きがあるといわれています。

ブリッジ治療では、歯を失った部分だけでなく両側の歯にも被せ物をする必要があるため、一本あたりの治療費がなるべく安いクリニックを選んだほうが良いでしょう。

保険適用の治療というのは歯の機能を治すことを目的としているため、見た目についてはそれほど徹底していません。

最後に

歯は口元から見える部分ですから、金属がのぞいていたり黒ずみが生じていると美しさを損なってしまいます。

治療した前歯の見た目に満足しておらず、会話をする度に、あるいは笑顔になる度に口元が気になってしまう、という方も多くいるでしょう。

人間の生活においてコミュニケーションは欠かせないものであり、口元にコンプレックスを持つことは大きなマイナスとなります。健康的な生活を送るためには、違和感がなくコンプレックスを感じなくて良い見た目に歯を治すことも大切だといえるでしょう。

失った歯を元通りに治したい、なるべく綺麗に治療をして欲しい、そんな場合はジルコニアによる治療を検討してみましょう。

低費用で質の高い素材を提供する審美歯科を選べば、相場よりも安い費用で美しい治療結果を得ることができるのです。違和感なく綺麗に治すことができれば治療跡を気にかかることなく、口を開いて笑うこともできるでしょう。

より充実した人生を送るために、見た目にもこだわった質の高い歯科治療を検討してみましょう。