ジルコニアのブリッジ治療、費用は意外と安い?

著者:元歯科助手

歯を失った際の治療にはいくつか種類がありますが、根本部分が残っていない場合には、ブリッジやインプラント治療が行われるのが一般的です。



【広告】

ジルコニアのブリッジ治療

ブリッジ治療とは、歯を失った部分に義歯を装着し、左右の歯によって支えるというものです。

入れ歯とは異なり、取り外してメンテナンスをする必要がないため、まず最初に検討される治療方法でしょう。

通常、保険適用内で治療を受ける場合には、使用される素材が限られており、金属で作られた土台に、レジンというプラスティックを被せることになります。レジンは白い素材ではありますが、セラミックのような透明感はないため、やや見た目に違和感を覚える方もいるでしょう。

また、裏側部分は金属が見える状態になっているほか、時間の経過によって成分が溶け出し、歯茎の色を変化させてしまう場合もあるといわれています。

より見た目にこだわって歯を治すをするのなら、自費診療でセラミックやジルコニアを使用した治療を選ぶ必要があるでしょう。

セラミックやジルコニアは、素材にやや透明感があり、自然の歯とよく似た白さを表現することができます。セラミックの場合、それほど強度が高くないため、土台に金属を使う必要がありますが、ジルコニアであれば金属を使わずにブリッジ治療を行なうことも可能です。

ジルコニアブリッジとは?

従来の素材よりも高い強度を持っているため、単独素材で治療に用いることが可能なのです。

また、セラミックは見た目についても本来の歯によく似た質感をもっているため、目立ちにくいといった特徴を持っています。

費用は意外と安い?

保険適用外の素材を用いた治療は、自費診療となるため費用が高くなるのでは、と不安に感じる方が多いでしょう。

保険が適用される場合、負担額は数割程度のものとなりますが、適用外の場合は全ての治療費を自分で負担しなくてはなりません。

しかし自費診療の治療費というのは一定でなく、その治療を提供するクリニックによって大きな差があります。安い費用で自費診療を治療を受けたい場合には、良心的な価格設定を行っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

低価格なクリニックとそうでないクリニックでは、ジルコニアによる歯の治療費に倍以上もの開きがあるといわれています。

ブリッジ治療では、歯を失った部分だけでなく両側の歯にも被せ物をする必要があるため、一本あたりの治療費がなるべく安いクリニックを選んだほうが良いでしょう。

保険適用の治療というのは歯の機能を治すことを目的としているため、見た目についてはそれほど徹底していません。

最後に

歯は口元から見える部分ですから、金属がのぞいていたり黒ずみが生じていると美しさを損なってしまいます。

治療した前歯の見た目に満足しておらず、会話をする度に、あるいは笑顔になる度に口元が気になってしまう、という方も多くいるでしょう。

人間の生活においてコミュニケーションは欠かせないものであり、口元にコンプレックスを持つことは大きなマイナスとなります。健康的な生活を送るためには、違和感がなくコンプレックスを感じなくて良い見た目に歯を治すことも大切だといえるでしょう。

失った歯を元通りに治したい、なるべく綺麗に治療をして欲しい、そんな場合はジルコニアによる治療を検討してみましょう。

低費用で質の高い素材を提供する審美歯科を選べば、相場よりも安い費用で美しい治療結果を得ることができるのです。違和感なく綺麗に治すことができれば治療跡を気にかかることなく、口を開いて笑うこともできるでしょう。

より充実した人生を送るために、見た目にもこだわった質の高い歯科治療を検討してみましょう。

歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由

私は歯科助手として勤務していたときにオールセラミック治療を受けましたが、自分が働いていた医院ではなく他院で治療を受けました。

元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由 元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由
【広告】

ジルコニアを使ったブリッジは安い費用でできる

ブリッジ

著者:元歯科助手

歯が欠損してしまった時に行うことができる治療の一つが、ブリッジです。

歯が欠けてしまった部分を補うための治療方法で、欠けてしまった部分の歯の両側の歯を少し削り、橋を渡すようにつながった差し歯を装着することで抜けた部分を補うという治療方法になります。



【広告】

歯科によって完成度が異なる

歯が浮いたように見えるのではないか、と心配する人もいるかと思いますが、現在の加工技術はとても進んでいます。

そのため今では天然の歯のように自然に見えるセラミックを使い、見た目にも綺麗なブリッジが作れるようになっています。

ただし注意したいのが、歯科によって完成度が異なってくるということです。保険がきかない自費診療となるため、あまり積極的に行う人がいない治療方法でもあります。

そのため治療経験の少ない歯科でこの治療を受けてしまうと失敗してしまう可能性も考えられます。

変な見た目になってしまうこともあるため、それを避けるためにも経験豊富な歯科を選ぶことが大切です。

近年のブリッジ治療の多くはジルコニアを使用

ブリッジ治療は近年では、ジルコニアを使ったものが多くなってきています。

ジルコニアは人工ダイヤと呼ばれるとても強度な素材でできているジルコニアを使ったセラミックです。セラミックは陶器のことをいいますが、ジルコニアセラミックにすることで強度が高いながらも、自然な歯のような質感のブリッジを作ることが可能となっています。

また、奥歯は嚙みしめなどの問題からセラミックを使うことができませんでしたが、硬い素材を使うことによって奥歯でも使用できるようになったというメリットもあります。

硬いため加工が難しい素材でしたが、技術の進化とともに歯科の加工技術も進化することでできるようになったとされています。

ジルコニアを使ったブリッジは安い費用でできる

自然の歯のようで、見た目にも美しく歯の欠けた部分を補える治療方法ですので、やりたいと思う人もいると思います。

その場合気になるのが、費用です。治療方法の特徴の一つとしてインプラントなどに比べて安い費用で行えるということが挙げられます。

相場は一本あたり10〜15万円程度で治療を受けることができるようになっています。自費診療ですので、仕上がりも値段の価格も歯科によって大きく異なるため、よく調べてから歯科を選んでいきます。

相場は10〜15万円程度ですが、歯科によっては20万円するところもあったり、5万円程度でできるところもあるため注意が必要です。

なるうべく安いところで、と思っていても安い分だけ経験が浅く技術力のない歯科である可能性が高いため、なるべく避けたほうが無難となります。

それならば高ければ安心かというとそうでもなく、利益を上げるために高い設定にしているだけで実は経験が浅く見た目が悪いものしか作れないという可能性も考えられます。

セラミックは陶器のため、良い素材を揃えても材料費はそこまで高くない治療方法です。それでも治療費が高く設定されているのは歯科の利益になるように設定されているためです。

歯科を選ぶにあたって気をつけたいこととは?

歯科を選ぶ場合には、費用だけではなく歯科の実績も調べてから治療することをオススメします。

ブリッジを利用することによって、見た目が良いだけではなく、自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、最短で2回の通院で治療を終わらせることができる、入れ歯と違って被せ物がしっかりと固定することが可能などのメリットがあります。

ただし、健康な歯を削らなければいけない、土台となる歯の状態でトラブルが起こる可能性があるなどのデメリットも考えられます。

ブリッジ治療を行う場合には、メリットだけではなくデメリットも考えて、費用だけではなく技術力があり信頼のできる歯科を選んでから治療し始めることが大切となります。

歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由

私は歯科助手として勤務していたときにオールセラミック治療を受けましたが、自分が働いていた医院ではなく他院で治療を受けました。

元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由 元歯科助手だった私が他院のオールセラミックを選んだ5つの理由
【広告】

ページの先頭へ