歯が欠損してしまった時に行うことができる治療の一つが、ブリッジです。

歯が欠けてしまった部分を補うための治療方法で、欠けてしまった部分の歯の両側の歯を少し削り、橋を渡すようにつながった差し歯を装着することで抜けた部分を補うという治療方法になります。



【広告】

歯科によって完成度が異なる

歯が浮いたように見えるのではないか、と心配する人もいるかと思いますが、現在の加工技術はとても進んでいます。

そのため今では天然の歯のように自然に見えるセラミックを使い、見た目にも綺麗なブリッジが作れるようになっています。

ただし注意したいのが、歯科によって完成度が異なってくるということです。保険がきかない自費診療となるため、あまり積極的に行う人がいない治療方法でもあります。

そのため治療経験の少ない歯科でこの治療を受けてしまうと失敗してしまう可能性も考えられます。

変な見た目になってしまうこともあるため、それを避けるためにも経験豊富な歯科を選ぶことが大切です。

近年のブリッジ治療の多くはジルコニアを使用

ブリッジ治療は近年では、ジルコニアを使ったものが多くなってきています。

ジルコニアは人工ダイヤと呼ばれるとても強度な素材でできているジルコニアを使ったセラミックです。セラミックは陶器のことをいいますが、ジルコニアセラミックにすることで強度が高いながらも、自然な歯のような質感のブリッジを作ることが可能となっています。

また、奥歯は嚙みしめなどの問題からセラミックを使うことができませんでしたが、硬い素材を使うことによって奥歯でも使用できるようになったというメリットもあります。

硬いため加工が難しい素材でしたが、技術の進化とともに歯科の加工技術も進化することでできるようになったとされています。

ジルコニアを使ったブリッジは安い費用でできる

自然の歯のようで、見た目にも美しく歯の欠けた部分を補える治療方法ですので、やりたいと思う人もいると思います。

その場合気になるのが、費用です。治療方法の特徴の一つとしてインプラントなどに比べて安い費用で行えるということが挙げられます。

相場は一本あたり10〜15万円程度で治療を受けることができるようになっています。自費診療ですので、仕上がりも値段の価格も歯科によって大きく異なるため、よく調べてから歯科を選んでいきます。

相場は10〜15万円程度ですが、歯科によっては20万円するところもあったり、5万円程度でできるところもあるため注意が必要です。

なるうべく安いところで、と思っていても安い分だけ経験が浅く技術力のない歯科である可能性が高いため、なるべく避けたほうが無難となります。

それならば高ければ安心かというとそうでもなく、利益を上げるために高い設定にしているだけで実は経験が浅く見た目が悪いものしか作れないという可能性も考えられます。

セラミックは陶器のため、良い素材を揃えても材料費はそこまで高くない治療方法です。それでも治療費が高く設定されているのは歯科の利益になるように設定されているためです。

歯科を選ぶにあたって気をつけたいこととは?

歯科を選ぶ場合には、費用だけではなく歯科の実績も調べてから治療することをオススメします。

ブリッジを利用することによって、見た目が良いだけではなく、自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、最短で2回の通院で治療を終わらせることができる、入れ歯と違って被せ物がしっかりと固定することが可能などのメリットがあります。

ただし、健康な歯を削らなければいけない、土台となる歯の状態でトラブルが起こる可能性があるなどのデメリットも考えられます。

ブリッジ治療を行う場合には、メリットだけではなくデメリットも考えて、費用だけではなく技術力があり信頼のできる歯科を選んでから治療し始めることが大切となります。