肌の調子が良くない、何となくだるさを感じるなど、こういった症状は誰にでも起こり得ることです。



【広告】

肌荒れやだるさなどの症状は銀歯や詰め物による金属アレルギーの可能性がある

例えば生活習慣の乱れや寝不足などが原因で、肌荒れや体調が良くないということはよくあります。

しかしながらありがちな症状ゆえに重大な問題を見落とされてしまうこともあるのです。そういった不調は単なる生活習慣の乱れなどが原因となるものではなく、もしかしたら金属アレルギーによる健康被害の可能性が考えられます。

ただ、金属アレルギーというと、時計やアクセサリーなどを真っ先に疑う人が多いはずです。身近なアレルギー原因ですので疑ってしまうのも無理はありません。

確かにそうした装飾品が原因になることもよくありますが、実は口の中にこそ原因が隠れていることがあります。歯の治療をする際には金属製でもある詰め物や銀歯が用いられることが多いですが、そこから有害物質が溶け出して金属アレルギーの症状が出ていることがあるのです。

ところが装飾品などの分かりやすいところばかりが疑われやすく、そこで問題がないと金属アレルギーの症状が出ているという考えに及ばず、結果的に原因不明の不調として見過ごされてしまうことがあります。

そのようなリスクがあるにもかかわらず治療に使われるのは、何と言っても使い勝手の良い素材なのが理由です。金属は丈夫で使い勝手が良く、加えて安価に済ませることができます。

そして患者側としても保険適用で受けることができる治療ということもあって積極的に選ばれています。リスクがあるといっても必ずアレルギー症状が出るわけではありませんから、現在でも治療に利用されている素材です。

しかしながらリスクがあることも事実ですので、なるべく金属を使わない治療にシフトしている傾向もあります。保険適用で安く受けられる治療もあり、虫歯などになった時にも金属以外での治療を受けている人も多いことでしょう。

保険適用の治療について

保険適用の治療としては例えばレジンというプラスチック素材が挙げられます。

金属ほど丈夫ではないものの、それでも優れた耐久性且つ見た目も大きく損なわないということで現代の治療によく利用されているのです。

治療コストとしても小さいため、患者側の負担の心配は殆どありません。自由診療となりますが、注目を集めている素材としてセラミックもあります。

陶器素材ですからとにかく審美的に優れているのがメリットです。元々の歯の色にも馴染みやすいため、人工的な印象を払拭しつつ美しい歯を手に入れることができます。

しかも耐久性も良く変色もしにくいということで長くキレイな状態を保ってくれるのです。ただ治療費が高額になりやすいのがネックですが、それでもメリットの大きい素材でもあり選ばれることも多くなっています。

また、保険外ではありますが金属を使用せず自然で美しい見た目にすることができるセラミック治療も人気を博しています。

安いものは危険!?セラミック歯の値段はどれくらい?

まとめ

このように金属を使わずに済ませることができる治療もありますので、金属アレルギーのリスクを回避することも可能です。

しかしながら前述したように歯が原因になっていると考えが及ばないことがあるのが厄介と言えるでしょう。銀歯などが原因になっているとまだまだ知られていない面もあるため、アレルギー症状があろうとも口の中に対して意識が向かない人もいるはずです。

しかし原因になる可能性がある以上、そのことを認識して原因不明の症状がある場合は口内を疑う姿勢も必要と言えます。

そのため、肌荒れやだるさなどの症状をはじめ、その他にも何らかの症状がある時には歯科へ相談へ行くことも考えた方が良いでしょう。

そもそも本来は定期的に歯科へ行くことが推奨されていますから、何はなくとも診てもらうことは必要ですし、普段から足を運ぶようにすれば歯科へのハードルを低く問題の早期解決にも繋がるはずです。