ピアスやネックレス、指輪などアクセサリーを身につける機会は多いですが、これらをつけた時にかぶれやかゆみが出てしまうという症状が現れた場合は金属アレルギーを疑う人は多いと思います。



【広告】

原因不明の肌荒れや皮膚炎は金属アレルギーが原因

きちんとケアしていても起こる、原因不明の肌荒れや皮膚炎などが続くというときも金属によるアレルギーが疑われます。

ピアスや指輪などをつけていないという人でも、口の中で金属を使用している可能性があります。

被せ物や詰め物が原因の場合

口の中では虫歯を治療するために、被せ物や詰め物として金属を使うことが多くあります。

金属アレルギーは接触アレルギーのため、汗や唾液などで金属が溶け出したして、イオン化することで体内のたんぱく質と結合します。

その結合した物質がアレルゲンとなってしまい、免疫システムが攻撃することによってアレルギーが引き起こされます。

遅延型アレルギーという種類のアレルギーのため、体内にアレルゲンが入ってから1〜2日ほどで症状が現れます。口の中の金属がアレルギーの場合には、口内炎や口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬、味覚障害などが引き起こされてしまいます。

また、口の中だけではなく接触性皮膚炎や掌蹠膿疱症、湿疹、アトピー性皮膚炎、頭痛やだるさ、イライラ、肩こりなど様々な症状を引き起こす可能性もあります。

これはアレルゲンが血液によって全身に運ばれることで、口だけではなく全身にも症状が現れてしまうのです。

歯科治療で使用する素材

歯科治療の素材がアレルギーの原因だとは気づかない人も多く、長年の辛い症状がどんなにケアをしても改善できないというケースもあります。

口腔内の金属はアクセサリーなどで引き起こされるアレルギー比べて発症頻度は少ないとされてきましたが、口の中は唾液や飲食したり、虫歯の原因菌による酸性化、噛み合わせや歯磨きなどによって金属が摩耗することなどによって金属がイオン化しやすい環境になっています。

歯科治療では詰め物やかぶせもの以外にも、部分入れ歯のバネ、ブリッジ、歯科矯正装置、インプラントの人口歯根などにも金属は使われています。

治療で用いられるのは、金、銀、銅、プラチナ、亜鉛、ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、チタンなど様々な種類が使われています。

一般的には2種類以上の金属を混ぜ合わせた合金が使用されています。

近年では、アレルギーの原因が口腔内にもあるということがわかってきていることから、金属アレルギーを引き起こしやすいニッケルやコバルト、パラジウムなどの素材は使われなくなってきています。

また、1970年代前後に最も多く使われてきたのがアマルガムという素材ですが、この素材は毒性の強い水銀を使っているため、昔治療した歯にも注意が必要となります。

金属アレルギーを発症しやすい人の特徴

口の中に多くの種類の金属が含まれているとイオン化しやすく、アレルギーの発症率も高くなってしまいます。

また、もともと花粉症や喘息などのアレルギー体質の人や、家族にアレルギーを持っている人がいるという場合もアレルギーを引き起こしやすいとされています。

まとめ

金属アレルギーを治療する場合には、原因となる金属に触れないことが大切です。

そのためアクセサリーなどでアレルギーを起こしてしまったという人は、口の中にも注意することをおすすめします。歯科で治療するときには必ず金属でアレルギーを起こしたことを伝えることによって、金属を使わない治療をしてもらうことができます。

解決策としてセラミックを使用した治療を検討してみることをおすすめします。

安いものは危険!?セラミック歯の値段はどれくらい?

また、症例によっては大学病院などの口腔アレルギー外来へ紹介してもらうことも可能です。

原因不明の肌荒れや皮膚炎があるという場合には、アレルギー検査を行っているクリニックに行き検査を行ってみることが良いとされています。

検査することによってアレルギーの原因となっている金属を調べて、しっかり治療することが大切です。