金属アレルギーの原因といえばアクセサリーを連想する方が多く、指輪やブレスレットが原因になることは実際にありますが、最近は銀歯によるアレルギーのリスクが取り上げられています。



【広告】

歯科金属アレルギーについて

銀歯が口内に存在することで、少しずつアマルガムという素材が溶け出して肝臓・腎臓に溜まっていくのです。これらの臓器には解毒作用がありますが、毒素の蓄積が増えるにつれてトラブルを発生させます。

口内で溶けた金属はイオン化することで体内に入り込んで、タンパク質と結びつくのです。それによって金属アレルギーの要因となるアレルゲンに変わります。

アレルギーの症状といえばかゆみ・かぶれなどがよく発生しますが、口内炎、頭痛なども引き起こします。体内にアレルゲンが存在して、体調がよくなることはありません。原因のわからない不調の多くは、毒素が蓄積することで起こると言われています。

規則正しい生活を続けているのに口内炎、頭痛、だるさなどが慢性化している場合は、口内の詰め物・かぶせ物が要因かもしれません。銀合金、アマルガムのほかにも金銀パラジウム合金などもアレルゲンとなりますから、これらの素材を取り除くことが大切となります。

また歯列矯正を使用するときの金具も要因となるので、金属類の使用には注意が必要です。保険適用となる安価な素材はお財布に優しいですが、長い目で見るとデメリットのほうが大きくなることが多いです。

金属を使用せずに自然な白い歯にすることができるセラミック治療を受けるのも解決策の一つでしょう。

安いものは危険!?セラミック歯の値段はどれくらい?

金属アレルギーの原因は歯科治療で解決できる

アレルギーのリスクをなくすためにも、早めに審美歯科の治療をおすすめします。

金属アレルギーを解消するための歯科治療では、リスクとなる金属は取り除くことが重要となります。口内炎が発生しやすい、粘膜が炎症を起こす、慢性的なだるさを感じる、すぐに疲れる、などの自覚症状がある方は注意しましょう。

これらの症状は加齢による体力低下によって生じることもありますが、金属歯が関係しているケースも多々あります。自分では判断できないからこそ、定期的に健康診断・歯科検診を受ける必要があるのです。

体内に金属がある状態は好ましくないので、保険治療による金属歯がある方は早めに歯科治療を受けて取り除いていきましょう。歯は長らく使用するものだからこそ、妥協をしてはいけない部位なのです。

人間の身体はある程度の毒素は抱え込んでくれる性質があり、この時点では目立ったトラブルや不調は起こりません。しかし毒素が増えるにつれて、デトックス作用が追いつかなくなります。年齢によってデトックス機能は低下していくため、アレルギーは起こりやすいと言えるでしょう。

このまま放置しておくとますます症状を悪化させるので、早めに歯科治療を受けて改善させてください。そのまま放置しておくと症状を悪化させるので、早期の治療計画を立てましょう。

計画を立てて決めないことには、治療を先延ばししてしまうはずです。1年、2年と先延ばしをして、チャンスを逃してしまう方は少なくありません。治療は面倒かもしれませんが、面倒だからこそ早めに終えておく必要があるのです。

審美治療は自由度の高さが魅力

歯科治療の中でも審美治療は自由度の高さが魅力で、オーダーメイド治療が可能となります。

金属アレルギーの原因を取り除くだけでなく、噛み合わせを改善させることも可能です。理想的な歯並びに変えることで、内臓や骨格への負担も軽減できるでしょう。

噛み合わせが悪いと顎に負担がかかり、ここから全身の歪みにつながります。歪みを解消していくためにも、歯並びのズレは解消してください。

左右で噛み合わせにズレがあると、そこから少しずつズレが全身に広がっていきます。骨格全体にも影響してきますし、骨盤が歪むと肥満の原因にもなります。便秘のリスクも高めてしまうので、歪みを抑えるためにも早めの歯科治療を受けましょう。