オールセラミッククラウンは従来の金属を使わないために長期間に渡って審美的に高い歯に見せることのできる被せものです。

オールセラミッククラウンについて

特徴としてはセラミックという素材を使って自然の歯のような透明感のあるものを作ることができるという点です。

オールセラミッククラウンは自分の好みの白さにすることも可能で周りと調和の合うような白さにしたりちょっと周りより白く見せたなど自由に選択が可能です。保険は適応されませんがセラミックのもつ透明感のある白さは本物の歯と区別がつかないほどです。

また金属を使わずにセラミックだけで作られているため、メタルボンドを使って歯茎が黒くなったり金属アレルギーを起こす心配もなく長期間変色しないできれいな状態を維持できます。

費用相場

オールセラミッククラウンの費用相場は、1本につき8~10万円という額になります。

ただ保険外治療というのは、歯科医院が独自に決めることができるのでクリニックによる金額の差が激しいです。全く同じ素材のオールセラミッククラウンだとしても5万円のところもあれば15万円のところもあります。

できれば安い価格で受けたいと考えるのが患者さんの心理ですが、一流メーカーのセラミックはそれだけで高額な費用がかかります。差し歯は患者さんのお口に合わせたオーダーメードのものなので、ある程度の費用がかかってしまうことは仕方ありません。

オールセラミッククラウンは美しいだけでなく、噛む力にも耐えられる強度を考えて作られるので前歯にも奥歯にも使うことができます。前歯と奥歯ではそれほど価格差がありません。

治療期間

治療期間は週に一回歯医者に行くと仮定して2週間から5週間程度であることがほとんどです。

まず神経がない歯にはグラスファイバーを使って土台を補強します。これをしないと寿命が短くなる原因のひとつになります。次にオールセラミッククラウンの型取りがはじまり歯の模型を作ってそこで微調整などをします。

それから実際にはめてみて最終調整をするという流れになります。本接着をした後は数時間で通常の食事ができるようになるため、インプラントなどのように身体になじませる期間を必要としないので短期間で完了します。

歯のない期間も仮歯である程度の見た目は整えてもらえますが、仮歯の見た目の美しさは完全に歯科医の腕にかかっているので、センスのある先生だと本物のように綺麗な仮歯にしてくれますが、下手な人が担当するとひどいものに仕上がる可能性もあります。

口元の見た目の意識

日本人のお口に対する意識は低いと言われてきましたが、最近は口元への意識が高まっています。噛めるように治療するのはもちろんのこと、より美しい見た目にする治療が求められます。

保険の銀歯よりは、保険外の白い材料を使用した方がお口をきれいに見せられると今オールセラミックが人気を集めています。