審美面で優れているとして人気なのがオールセラミッククラウンです。

オールセラミッククラウンには大きなメリットがあり、なんといっても口元の印象がガラリと変わることにあります。



【広告】

オールセラミッククラウン

歯科治療で言うクラウンとは、治療に使う差し歯の被せ物を意味します。クラウンに使う素材には、レジン、メタル、ゴールド、セラミックなどがありますが、中でもすべてセラミックでできているものはオールセラミッククラウンといいます。

メリット

オールセラミッククラウンを使用するメリットはたくさんあります。

審美性に優れている

まず審美性に優れています。自然な歯のような透明感があり、歯の色も選択できるため見た目が自然です。金属の入ったクラウンを使うと歯茎が黒ずみを起こすことがありますが、オールセラミッククラウンは黒くなる心配がありません。一度歯茎が黒くなると元に戻すことはできないので黒ずみを取るためには歯茎を削る必要がでてきます。それなら前歯に差し歯や被せ物をする際は歯茎の黒ずみが起きないオールセラミッククラウンにしたほうがいいでしょう。

金属アレルギーを起こす心配がない

金属アレルギーを起こす心配がないこともメリットにあげられます。治療の時点では金属アレルギーがなくても、口の中に金属を入れているとある突然発症することがあるのです。オールセラミックではそのようなことは起こりません。劣化、変色もしないためきれいな状態が保持されます。

寿命が長い

セラミックは陶器の素材ですので割れやすいというイメージばかりが先行していますが、実は保険の金属の差し歯よりも寿命は長くなるケースが多いです。保険の差し歯は土台が金属であるが故に、歯の根を割ってしまうことがあります。これは歯の根よりも金属の方が強度が高いために起こってしまうこと。オールセラミッククラウンに使用される土台はファイバーコアという白いものが使用されることが多く、これは歯の根と強度がほとんど同じため、親和性が高く柔らかさがあり歯の根を割ってしまうリスクは金属のものに比べてかなり低くなるとされています。

口元の印象が変わることで顔全体の印象も変わる

口元で容姿のイメージが決まると言っていいほど、口元が相手に与える印象は絶大なのです。実際にオールセラミッククラウンにしてから急にモテ始めたという方は少なくありません。モテなくて悩んでいる方は、性格ではなく容姿に原因があるのかもしれません。容姿というのは相手に与える印象が非常に大きく、人間は初対面の相手を見た目で判断します。性格を判断するには時間がかかるからこそ、最初は見た目から入るわけです。

オールセラミッククラウンによる口元の印象の違いなどについては数ある審美歯科のWEBサイト等を見て、治療前後の症例写真を比べてみるとよくわかります。口元がキレイになることで顔つきが引き締まって、美しく若く見えるようになるのです。

デメリット

金属を一切使わずにセラミック(陶器)だけで作られているクラウン(被せ物)だからこそ様々なメリットがあり、見た目が天然の歯と変わらないほど美しくできます。

では、そんなオールセラミッククラウンのデメリットや欠点は何でしょうか。

費用がかかる

保険外の治療となるためにコストがかかってしまうのが、保険治療と比べて一番大きなデメリットでしょう。自費診療になるため、前歯1本でおよそ8万円から15万円くらいかかります。治療する歯科医院によって費用に差もあり、安いものではないのでよく検討する必要があります。

このように品質が良く仕上がりが良いものの治療のためには高いコストが必要となり、保険もきかない自費診療となるため一本当たり10万円程度の費用が必要なことが多いです。また歯科によって大きく値段が違うのも歯の保険外治療の特徴です。何本も入れる場合ですとコストも跳ね上がってしまいますので、安く済ませたい時には複数の歯科医院ごとで見積もりを出してもらい比較をすることが大切です。

割れる可能性がある

次に、セラミックは割れたり欠けたりする可能性があること。セラミックは陶器なので伸び縮みしません。金属を一切使っていない素材のため衝撃に弱い性質を持っています。特に睡眠時の歯ぎしりは要注意です。歯ぎしりは歯全体に大きな衝撃を与えてしまいます。寝ている間のことなので本人は自覚がない場合も多いです。そのような方は睡眠時にはマウスピースを装着することが歯を守るためには必要です。

歯を大きく削る必要がある

そして治療の際に歯を大きく削る必要があることもデメリットの一つ。セラミックは金属を使わずに強度を得ているため、セラミッククラウン自体に厚みをもたせています。そのため被せる場合には他の材質で出来ているクラウンよりも歯を多く削らないといけません。歯を多く削ることに抵抗を感じる人は、医師とよく相談して自分の納得できるクラウンを選ぶべきでしょう。

失敗する例もある

その他にもオールセラミッククラウンによる治療にはデメリットもあり、後々に歯が気になって歯科医に相談へ行くというケースも珍しくありません。まず不自然に揃い過ぎてしまう可能性があること。キレイな歯並びにできるのが大きな魅力の治療ではあるものの、いかにも治療を受けたような見た目になってしまうことがあります。実際にやってみないと完成イメージを掴みにくい治療法でもありますので、十分に相談の上で臨まなければいけません。

前歯の治療の場合、以前よりも出っ歯に見えてしまう場合があるのも注意点です。被せ物をすることになりますので元の状態よりも前歯が出ているように見えてしまうことがあります。そういった場合特に横から見た時に違和感が強くなってしまいますから、よくシミュレーションをしてイメージを掴んでおくことが大切です。

ただこの失敗する可能性については、歯科についての情報を得てきちんと比較をすることによってほぼ確実になくすことができる部分。よく分からない状態で歯医者に言われたから治療を受けるといった考えでオールセラミック治療を受けてしまわないように注意しましょう。評判のいい歯科を選べば確実に見た目の整った差し歯にしてもらえます。

歯科を選ぶべき

金属歯は保険適用となるので安く仕上げられますが、安いゆえのデメリットもあります。金属アレルギーのリスクがありますし、笑ったときに目立ってしまいます。歯科の中には患者に確認をとることなく金属歯にしてしまうところもあります。

そういった保険の差し歯のデメリットをほとんどなくすことができる大きなメリットのあるオールセラミック治療。ただ歯科によって金額も品質も大きく変わってくるものです。歯科はコンビニより多い時代だからこそ、どこで治療を受けるかが大切と言えるでしょう。オールセラミッククラウンを希望するなら、審美歯科の治療実績が豊富にあるクリニックにしましょう。