恋愛は人生を豊かにする要素で、誰もがモテたいと思っているものです。

内向的な性格の人は特に、好きな異性ができても自分から告白できずに終わってしまうということがあったり、上手くコミュニケーションが取れずに存在感が薄くなってしまうということが多々あります。

それは自分に自信がないからです。

だからと言って、美容室で流行りのヘアスタイルにしたりダイエットで引き締まった体に変えても、「生理的に受け付けない」と断られることがあります。

実は人は思っているよりもずっと相手の「歯」を見ています。

歯は黙っていると口の中に収まっていますが、言葉を発したり笑うとどうしても歯並びが見えます。

歯並びが汚いと顔全体がガチャガチャしていると感じますし、相手の気を引こうとオシャレに決めても何となく霞んでしまって冷めてしまうものです。

歯は異性が恋愛対象として見るかどうかの最終審査とも言えます。

マイナスイメージを与えてしまうのは汚い歯並びだけでなく、歯が黄色い場合も同様です。

黄色を綺麗だなと感じる人もいますが、歯となると話は別です。

しかも、歯の黄色はとてつもなく汚い黄色です。

本能が汚れている黄色だと判断するので、生理的に受け付けないという嫌悪感が生まれるのも当然です。

恋愛を楽しめる環境にいながら、生理的に受け付けないという抽象的な理由で断られるのはとてももったいないことです。

歯並びや歯の黄ばみは改善できることなので、恋愛を諦めずに素敵な異性と結ばれるための改善方法を見つけましょう。

歯並びが修正できるのは歯列矯正のみと言っても良いです。

最近では矯正装置を気にする人が多く、目立たない矯正装置や矯正技術で人から見えないようにして歯列矯正することができるようになっています。

歯列矯正はしたいけれど、長い期間にわたって装置を歯につけるのが恥ずかしいという人は、目立たないタイプの歯列矯正という方法を選ぶのもおすすめです。

歯列矯正の結果にはもちろんのこと個人差があり、綺麗に整うまで1年半?3年くらいは必要だとされています。

年単位なのでとても長いように感じますが、考えようではたった数年で綺麗な歯が手に入るとも言えます。

ずっと恋愛で損をすることを考えると、数年我慢するのも苦にはならないはずですし、通常の前歯の外側に装置をつける歯列矯正も受け入れられるでしょう。

最近の歯列矯正の器具は目立ちにくく透明な素材でできているものが多くなっています。

前歯に矯正器具を付けてもそれほど目立たず、遠目では全く分かりません。

銀色の金具が嫌な人は一度検討するのも良いです。

歯科クリニックでその旨を相談するときちんと対応してくれます。

また歯列矯正を躊躇う人の理由の一つとして、接客業や司会業、ファッション関係の仕事など人前に立つ仕事なので矯正器具は付けたくないという人もいます。

そのような場合は、取り外しが可能なマウスピースをはめる矯正方法もあり、その人のライフスタイルに合わせた矯正方法を選択することもできます。

歯がきれいな場合、恋愛に関すること以外にも色々なメリットがあります。

例えば、これまで上手く笑えなかった人はストレスなく大きな口を開けて笑えるようになります。

気持ちや考え方が前向きになったり、何事も積極的になるという性格の変化も感じられるようになり、これは精神衛生上とても良いことです。

また、噛み合わせが整うようになるのでしっかり食べ物を噛むことができるようになります。

そうなると、消化しやすい咀嚼となり胃腸に負担がかかりにくくなりますし、特定の歯だけに強い力がかからなくなります。

骨格の歪みの解消にもつながります。

さらに、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなりますので、歯の間に食べ物が詰まりにくくなり、詰まってもすぐに取れるようになります。

口腔内が清潔な状態を保つことができますので、口臭を気にすることもほとんどなくなります。

具体的な歯列矯正に種類には、ブラケット矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正、そして部分矯正があります。

ブラケット矯正は一番イメージしやすいもので、よく見かける一般的なものです。

整えたい歯の一つ一つにブラケットという小さな器具を取り付け、ブラケットにワイヤーを通して固定する方法です。

透明素材もありますし、技術的には難しいですが歯の裏側に取り付けることも可能です。

マウスピース矯正は取り外しができ、どちらかと言うと軽いズレを矯正する場合に有効です。

セラミック矯正は今の歯をより綺麗に整えるための矯正で、部分矯正は主に前歯だけの矯正となり、方法としてはブラケット矯正やマウスピースが用いられます。

歯並びを整えたい場合は、まずは歯科クリニックに相談することから始まります。

ベストな矯正方法を見つけて自慢の歯を手に入れましょう。

これで、歯が汚いとか生理的に受け付けないなどというショックな言葉を耳にしなくなるはずです。

異性とのつながりは歯にかかっていますので、口元のオシャレを怠らないようにしましょう。