人はにっこりと笑った時に見える歯が白く綺麗であると清潔感があり、きちんとした性格に人に見えます。

ですが反対に黄ばんでいたり黒ずんでいると、人として不潔であったりだらしのないイメージを思い浮かべてしまうのです。

ではどうしてこのように汚れていしまうのでしょうか。

汚く見える理由は様々あります。

まず白くなく黄ばむ理由から考えてゆきましょう。

黄ばんでしまう原因としては色の濃い飲み物である紅茶やコーヒー、お茶などがあげられます。

これらの飲み物は日常的に飲む機会が多いのでなかなか避けるのは難しいでしょう。

他にも赤ワインやコーラなどの飲み物類であったり、醤油やケチャップ、ソースなど調味料も酸性を多く含まれているため着色されやすいのです。

お酢や炭酸飲料、柑橘類の果物も飲食物も黄ばみの原因となります。

皆さんが毎日食事をするのに必要なとされる物ばかりです。

ステインという言葉をご存知ですか、これは飲食を何度も繰り返すことで色素が付いてしまい、色素?着を引き起こす事を言います。

白い服も着ているうちに黄ばんでくるのと同じです。

どれだけ洗濯をして劣化による黄ばみは落とすことができないのですよね。

以上のように黄ばみや色素沈着は誰にでも起こりうることであります。

ではどうした日常的な飲食からつく黄ばみや汚れを綺麗に取り除けばよいのでしょうか。

定着してしまった汚れや黄ばみの場合はホワイトニング用で歯磨きをすると直接汚れを落とすことが効果的であります。

ケアを続ける事で本来の白さを取り戻すことが出来るので、清潔であり私生活もきちんとした人に見えるのです。

しかし、酸性度の高い飲食物を取った後、すぐケアをするしてしまうとエナメル質を傷つけてしまうので30分ほど時間を置いてから行うようにしましょう。

他にもコンビニや薬局で販売されている専用の消しゴムも、手軽に黄ばみを落とせて便利であります。

自分の目で確認しながら気になる汚れだけを除去できるので使い勝手も良くお勧めです。

お値段も500円程で購入できるのでお手軽であります。

ですが、使い方を間違えるとエナメル質を傷つけてしまう恐れもあるので注意が必要となります。

他にもタバコを吸われる方はヤニが原因でステインも付きやすくなり黄ばんでしまい、汚く見えるのです。

タバコのヤニであるタールは、黒褐色で粘質性であるために非常に着色しやすい物質で出来ています。

普段のケアでは落とすことができないのでお医者様に相談された方が良いでしょう。

他にも歯石が原因で口の中の環境が悪くなり汚く見える事もあります。

食事の中の糖分を餌に細菌の塊が出来てゆき、唾液等のカルシウムが混ざって石灰化してゆくのです。

他にも歯周ポケットに食べた物のカスが?まりそのまま放置してしまうと、石灰化してしまい汚れて見える場合があります。

また虫歯があると食べ物が挟まってきたなく見えたり、酸化して黒く見える場合もあるのです。

治療を行った後のかぶせ物や詰め物が劣化したり腐食したりで汚く見える事もあります。

治療が遅れると大きな穴が開いたり見た目もあまりきれいに見えませんので、早く治療をした方がよいでしょう。

そして、神経が死んだことで起こる黒ずみもよごれて見える原因となってきます。

以上のように全体が黄ばんでいたり色素沈着をしているだけでなく、笑った時に見える部分が黒ずんでいたりと、不潔なイメージを与えてしまうのです。

口元のだらしなさは案外目に入りやすい部分であります。

白いというだけで人は清潔感があり、きちんとした性格の人と認識されやすいです。

また、がたがたな歯並びも好印象にはなりません。

どんなに素敵なお顔立ちの男性でも、綺麗な顔立ちの女性であってもニコッと笑った時の口元が品がないとがっかりしていしまいます。

ですから、毎日のケアが大切です。

黄ばみをなくすためにはホワイトニングケアが重要でしょう。

口内環境も整えた方が雑菌も少なくなり口臭の原因も軽減されます。

口臭があるのも汚く見える要素です。

口が乾燥すると悪臭を発生しやすいので、唾液の分泌をよくしてゆきましょう。

現代の流れであるスマホを長時間使用していると唾液を分泌させる部分が圧迫され口が乾燥しやすくなります。

そうしますとたちまち悪臭が口からしてきますので注意が必要です。

匂いも清潔感に関わる重要なポイントです。

また口内環境を整えるには乳酸菌による善玉菌が良いとされています。

また、善玉菌は腸内環境も整えてくれるので腸も綺麗にするので腸から発生する悪臭も防いでくれるのです。

以上のように、黄ばみや黒ずみのない事で清潔にみえ、口臭予防をする事で汚く見える要因がなくなります。

笑った時に口元が白いのは美しく輝く白は爽やかであり、無臭である事は汚い印象とは真逆となるでしょう。

汚れを駆除することが綺麗に見える大事なポイントとなります。

食べる事は生きてく上でしょうがないので、色素を沈着させないケアを怠らない事が大切です。