恋愛において歯が汚い男性が嫌われるのは見た印象が悪いだけではなく人間が持つ本能も大きな要因となっています。

人間は相手と話をする際にはまず顔を見て、その人が何者であるのかを探りながら顔を覚えて自分とは別の人物として存在している事を認識するところからはじまります。

つづいて目の表情を見て相手の意思や感情を探っていき、最後に口元を良く見て相手が何を話そうとしているのかを知りたがります。

これらのプロセスを経て相手の事を知り、信頼できる人物であるか否かを認識して行くのは人間が本能として行っている行動です。

これが恋愛対象となれば、本能に加えてより強い関心を持って相手を観察するようになります。

前述のプロセスを経て信頼関係が構築されると、今度は相手の口元を見て何を話しているのかをさらに積極的に知ろうとします。

その際に気になってしまうのが歯の状態で、顔の部位の中でもどうしても目立ってしまうからこそ大きなインパクトとなります。

多くの人間は歯は白いものであるとイメージしており、それとは違う光景が見えると違和感を覚えるようになります。

歯の色がタバコのヤニで黄色く変色していたり虫歯があって黒ずんでいたりすると、まるで純白のハンカチが黄ばんでしまったり黒いインクを落としてしまったかのように余計に気になってしまうものです。

その一方で、歯が汚いと実際に臭いがしなかったとしても何となく臭いと感じてしまう事もあります。

これは白いカップと黒いカップに全く同じ成分のコーヒーを入れた際に、黒いカップの方が香りや味が濃いと感じてしまうのと同じように口臭が強く感じてしまう心理も大きな要因です。

人間は相手と対話をしながら顔周辺から口元にかけてここまで五感をフル活用しながら本能的に相手を探り、恋愛対象となれば自分の理想に近い相手である事も求めていきます。

通常ならばここから相手との対話によってお互いを知り、見た目以外の要素も加味しながら自分の理想に近ければ恋に落ちる可能性もありますが、そこへ至る前段階の時点で歯の汚いのを見つけてしまったというシーンを最後まで引きずってしまえば興醒めとなってしまいます。

さらにそれらの事象は負のインパクトとして脳裏に焼き付けられ、たとえその人物の他の部分がどんなに優れていたとしても単なる清潔感だけではなく、もっと深いところで本能的に好きになれない状態となります。

これらを解決するためにはまず清潔感を保ち続けるのはもちろんのこと、それ以上に相手の想像を上回る必要があり毎日歯を磨きウォッシュケアを万全にしたとしても相手から見て歯が汚いと思われたらそこで終わりです。

昨今ではデジタルハイビジョンなどの普及により、綺麗な歯を持つタレントさんの映像が脳裏に残っている状態で相手がそのレベルの白さを理想としていた場合は見る目が厳しくなり、一般的には全く問題の無い清潔な歯をしていたとしてもそのレベルの白さに達していなければ歯が汚いと思われてしまう可能性があります。

そう言った意味では、恋愛対象の相手から綺麗だと思われる歯を保つハードルは以前と比較して格段に上がったと言えます。

それらの本能から来る感覚さえも克服するのに最も効果的な方法は、歯科クリニックでホワイトニングを受ける方法です。

ホワイトニングとは歯に過酸化水素水を主成分とする特殊な薬剤を塗布し沈着した色素を取り除き、歯が本来持つ白さを定着させる手法で芸能人を中心に一般にも広く普及しつつあります。

もちろんそれだけで恋愛の全てを手にできる訳ではありませんが、前述にあげた人物と出会った際に生じる相手を本能的に探るシーンで歯が汚いという負のインパクトのひとつを打ち消し、恋愛成就への大きな一歩を踏み出す事ができます。

逆に言えば他の要素で嫌われたとしてもホワイトニングが施された綺麗な白い歯を持っているというプラス要因を手に入れる事を表わしています。

ホワイトニングは永遠に続くものではなく施術した後も毎日のケアを怠らない努力が重要で食べたらすぐに歯を磨くのはもちろんのこと、普段から食べ物にも気をつけ歯に色が付着しやすいステインを含んだ食べ物や飲み物をできるだけ避けるか、どうしても食べなければならないケースがあれば食後にできるだけ早く歯を磨きます。

さらにホワイトニングは数年毎にメンテナンスが必要となるため定期健診も欠かす事ができません。

昨今ではかつて無いほど歯の白さに対する価値観が高まり、異性に対しても高い要求がされる時代となってしまいましたが、だからと言って黙っていても恋は転がり込んで来る訳ではありません。

相手から見て魅力的な人間であるためにお仕事や勉強に加えてスポーツを頑張って輝いている姿を見せたり相手を思いやるやさしさを見せるなど自分自身を磨き続けるのは最低限必要なのに加えて、最初に出会い本能的に相手の事を探り合った際に歯が汚い男性だとして嫌われるという負のインパクトを消すために専門のクリニックでホワイトニングの相談をしてみるのも恋のための努力のひとつとなる時代が訪れています。