差し歯にしようとするとき、ほとんどの方は保険適用の治療を選びます。

保険適用の差し歯の費用

差し歯は歯の根が残っている部分に土台を作り、被せものを作る歯科治療のことをいいます。

差し歯は高額な費用がかかると思っている人もいるかもしれませんが、前歯の場合は保険が適用される治療も受けることが可能です。なるべく費用を抑えたいから保険内で作れる差し歯にする人も多いです。

保険が適用される差し歯というのは、土台が金属でできている差し歯、レジン(プラスチック)制の差し歯といったものです。費用は1本3000円~8000円程度で作成することができます。代表的なものが硬質レジンジャケット冠。この硬質レジンジャケット冠は真ん中から4番目の歯まで保険が適用されます。

レジンのデメリット

ただ3000円程度で作成することができる硬質レジンジャケット冠は、年数が経つと黄ばんできたり、金属に比べると耐久性が劣り、見た目は「差し歯」だとはっきりわかるものになってしまうという問題があります。

また、表面の部分が硬質レジンで裏側が金属になっている硬質レジン前装冠の場合は、1本5000~8000円程度と少し高くなりますが、硬質レジンジャケット冠と比べると耐久性が優れています。

この硬質レジン前装冠のデメリットは、金属を使用しているため年数が経つとレジンと金属の境目が目立ってきてしまい、歯茎を黒く変色させてしまうこともあります。そのため、審美性や耐久性にこだわるなら、保険外の差し歯がおすすめです。

ハイブリッドセラミックは1本4万円からと、保険外の差し歯の中では手頃な予算で作成することができます。ジルコニアクラウンは、10万円以上する高額な素材ですが、歯と歯茎の境目が変色することもなく、寿命も長いというメリットがあります。

保険外治療でも完全に自然な見た目にできる歯とそうでないものがあり、ハイブリッドセラミックは安価ですがあくまでレジンを使用しているため、少しの違和感は残ります。

保険外治療は高額

保険外の治療は高額になりますから、ほとんどの人は保険適用の治療で間に合わせようとします。ですが前歯の差し歯を検討している方は、オールセラミックをおすすめします。

審美歯科のカテゴリになるので保険適用外となりますが、値段に負けないだけのメリットがあります。100%のセラミック素材となるので丈夫で、見た目も非常にキレイなのが特徴です。自分の歯とは思えないほど美しく整い、笑顔のパワーも格段にアップするでしょう。今まで笑うのが苦手だったのに、オールセラミックにしてから自然に笑えるようになったという方は多いです。

歯をキレイにするメリットは絶大です。値段の問題さえクリアできるなら、早急に治療を受けてコンプレックスを無くした方がいいでしょう。前歯は美に直結する部位ですから、顔の中でも最初に治したい部位と言えます。

差し歯の寿命

差し歯の治療に使われる差し歯には色々な種類があり、種類によって寿命も異なってきます。差し歯には素材の異なるものがあり、仕組みによっても寿命が変わりますが、日頃の管理次第では長持ちさせることも可能です。

差し歯は、歯の根っこへと人工的な土台を埋め込んでその上へと被せ物をのせる仕組みとなっていて、種類にもよりますがおおよそで10年から20年ほどの寿命とも言われています。

被せ物の素材の種類ごとでは、硬質レジンといわれる3種類のものがあり、一般的に前歯では、硬質レジンのプラスチックで出来た被せ物を使います。保険外のものではメタルボンドなどがあり、土台に金属を使用しているものは強度が優れる分、根っこが傷ついたりして寿命が早まったり、変色や黒ずみなど人によって手入れの仕方次第で異なってきます。

より審美性の優れたものではセラミックやジルコニアなどがありますが、さらに強度の優れたゴールドコアやファイバーなどの人工歯の土台となると手入れ次第では20年ほどの寿命が可能にもなります。

差し歯は、歯の根や土台、材質から歯茎にいたってトータルなバランスで寿命が決まってくるのでお口全体のケアをしっかり行って長持ちさせるようにしましょう。

歯は綺麗な方がいい

日本人は歯に対する意識がそれほど高くなく、歯科に行くのは歯が痛くなったとき、詰め物が取れたとき、などと答える方が多く、欧米と比べて遅れをとっています。

生活に支障がなくても、歯が汚いだけでその人の印象は下がってしまうので、この機会に美しさを意識した歯科治療を受けてみることを考えてみてはいかがでしょうか。