恋人同士の関係性は常に安定しているわけではありません。

最初は燃え上がっていた気持ちも、長く付き合うことによってだんだん落ち着いていくのが自然です。

会えるだけで喜びに包まれていた感情も、少しずつ当然のことのように思えるようになってきます。

これは決して悪いことではありません。

恋に落ちて二人の関係が始まりますが、少しずつそれが愛に変わっていく過程ともいえるわけです。

ただ、感情が落ち着く程度であれば良いのですが、関係が長くなると些細なことがすれ違いのきっかけになってしまったり、喧嘩の原因になってしまうことがあります。

このような事態は極力避けるようにするべきでしょう。

さて、その些細なこととは具体的にどんな例があるのでしょうか。

もちろん様々なケースが考えられますが、中でもパートナーの歯が汚いというのがそういった事態を招くことがあります。

性格によるものだったり考え方の違いではないので意外に思われるかもしれませんが、歯が汚いことで招くトラブルには明確なメカニズムが存在するのです。

実は恋人同士の関係を流す保つための秘訣として、笑顔を絶やさないというのがとても効果的という例が挙げられています。

ときに喧嘩をすることがあったとしても、お互いに笑い合った回数の方が多ければ仲直りも早くなる場合があるようです。

笑顔は相手の警戒心を解き、プラスの感情を生む効果を持っています。

時に笑顔は魔法のように場を和ませる力を発揮するわけです。

感情表現をするのにそれだけ大切な笑顔ですが、肝心な点があります。

笑顔になるとき、必ずといっていいほど見えるのが歯です。

にっこりと笑ったときに白い歯が見えるからこそ、チャーミングなイメージが整うわけです。

逆に笑った顔からのぞく歯が、黄ばんでいたり黒かったりしたらどうでしょう。

人によっては幻滅するという場合も少なくないはずです。

せっかくの笑顔が不潔なイメージに変わってしまい、場を和ませるための笑顔が逆効果になってしまいます。

このような結果にならないためにも、白く清潔な歯を保っておくことは大切です。

ところで、歯磨きはほとんどの人が日課としているものですが、それでも自分の歯を毎日まじまじと見つめているという人はそれほど多くありません。

口の形によっては鏡の前で歯磨きをしていても、歯がほとんど見えない場合もあります。

よって、自分の歯の汚れは意識してみないとなかなか気づきません。

どちらかというと相手が先に気づいてしまうことの方が多いくらいです。

相手が彼氏の場合は比較的率直に治してもらうよう言うことができますが、彼女だった場合は少し厄介です。

一般的に男性よりも美容に対する意識の高い女性は、歯が汚いことを指摘されたときに傷ついてしまうかもしれません。

健全な仲を保つために提案していることなのに、その言い方で喧嘩になってしまっては本末転倒です。

もちろん、男性の場合でも繊細な人はいるはずです。

なるべくトラブルにならずに、さりげなく相手に治してもらう方法を紹介します。

まず急に本題に入ると相手は「突然何を言い出すんだろう」と、唐突感に戸惑いを感じるかもしれません。

少しずつ態度に表していくという方法があります。

カップルであるならばキスをすることがあるでしょう。

そのシーンというのは雰囲気が良いはずです。

相手の顔が近づいてきたときにそれとなく指摘するという方法があります。

治してくれなければもうキスはしないと告げるのも良いでしょう。

歯が汚くなる原因は様々ありますが、その中には病気の可能性を示唆させるものもあります。

ただ嫌悪感を表すのではなく、歯の汚れを指摘しながら相手の身体や口の中の衛生状況を心配する感じで伝えるというのも有効的です。

あくまでも自分のことを思って言ってくれているということが分かれば、それほど不快な気持ちにはならないはずです。

歯と健康が密接に関係していることも告げましょう。

歯が汚くなる原因の代表例としてタバコが挙げられます。

タバコのヤニが歯に沈着すると、通常の歯磨きでは落とせない黄ばみとなってしまいます。

肺を汚すことになりますし、癌のリスクが高まることも一般常識です。

実際、喫煙者の中にはタバコをやめたいと思っている人もたくさんいます。

しかし、症状がなかなか表に出ないので、ついつい吸ってしまうわけです。

内臓の疾患はなかなか症状として現れませんが、実は歯にはすぐに出てきます。

相手が彼氏でサラリーマンだった場合、社会人としてのコミュニケーションとして歯の黄ばみはマナー違反です。

その点を指摘すれば渋々ながらも了承し、タバコをやめてくれるかもしれません。

同時に美しい歯も戻ってきます。

タバコを吸わない女性で歯が黄ばんでしまう理由には、コーヒーや紅茶などのステインが原因の場合があります。

ステインも歯に付着すると落ちにくいものですが、時間が経過していない段階であれば対処が可能です。

ステインを含むものを口に入れた後、一杯の水で口をゆすぐだけでも大きな違いになります。

さりげなく水を用意してあげることで、治してもらうことができるかもしれません。